Entries

鉄血祭り その1 1/100ガンダムバルバトスルプスレクス

「狼の王に俺はなるっっっ!!」
hqdefault.jpg
画像ネット転載
いやそれ一番やっちゃいけないヤツだから、鉄血以前にこのブログが終わりそうだから((((;゚Д゚)))))))。

少し前のお話になりますが、鉄血ガンダム終わっちゃいましたね。
キンドーは最初と最後位しか気合入れて観てなかったんですが、なんというか「アウトレイジ」ばりに最初っから「全員悪人」って感じだったらかなり面白いガンダムになったんじゃないかなと思ったりしました。
最近は悪党が主役で人をバタバタなぎ倒すアニメがけっこうありますから、ガンダムでやってもそうおかしなことはないと思うんですけどね?。
まぁ世の中にはやっちゃイカんこともあるよ(・ω・)。

どうも、最近はアニメ版「幼女戦記」にハマっているキンドーでございます。
もちろん違法〇ップ〇ードで(バキーッ!!)。
でもアニメはちょうど本で読んだ位で終わっちゃったんですよね、早く文庫で出ないかなぁ?。
スピンオフの「ようじょしぇんき」では「幼女でドS」と表現されてましたが、「幼女でド外道」って「ドーベルマン刑事」の加納錠治バリの言い回しの方がターニャちゃん的にはイケてるんじゃなイカと思いますです。

今回はなんかネタが全体的に古めでお送りしております(バキーッ!!)。


ということで今回は模型ネタは新しめに、珍しくキット制作にハマっています「鉄血ガンダム」でございます。

「1/100フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスレクス」
ルプスレクス01 600

ルプスレクス04 600
いやぁかっちょえーですねー、キットが(バキーッ!!)。
腰の接続部で5㎜延長と首を3㎜延長した以外はほぼ素組みなんですが、それでこの仕上がりなんですから言う事ありませんですよ。
まぁグレー色のパーツがやたらと軟っこくて、差込みの関節にいちいち真鍮線打ったりとか意味があるんだか無いんだか判んない多重間接には確かに閉口しましたが、それらを差し置いてもキンドーですらこの程度の出来にはなるんですから優秀なキットなのは間違いないのですよ。

ルプスレクス03 600 ルプスレクス02 600
「みちもで」に持っていったら「時事ネタに手を染めてる!!」とか「プラキットと見せかけて実はエポパテ!?」とか「なにこの死亡フラグ?」とか「アンツィオマークは張り忘れですか?」とか散々な言われ様でしたが、たまにはウケ狙いで日和ったっていいじゃありませんかぁ。
まぁ確かに、尻尾にデフォルメ4号の余ってた「ぴよぴよ」シール貼ろうとしたら古くなってて使い物にならなかったというのは内緒だ!!( /ω)。

ルプスレクス06 600 ルプスレクス08 600
ルプスレクス09 600 ルプスレクス10 600
前期は「これなんてフレームアームズ?」とか「実はデルフィングの最終形態?」とか散々言ってたんですが、後期ではデザインというか世界観がこなれて来たというかなんというか、バルバトスルプスの登場で「あ、コレカッコいいカモ?」とか思うようななりましてその内なんか作ってみようと思ってはいたのです。
そしてこのキットの発売直後に件のTAMTAM展示の延長が決まりまして、なんか時事ネタの一つもなきゃいかんだろと思い最速仕上げ記録更新の5日で作ったという次第。
ですから仕上げ&塗装は超簡単仕上げ・・・のはずが今までとそう大差ないという仕上がりに・・・(°_°)。

ルプスレクス12 600

ルプスレクス13 600
塗装は白・明灰白色→グレーFS36622 青・ミッドナイトブルー→RLM78ライトブルー 赤・マルーン→キャラクターレッド グレー・ジャーマングレー→RLMグレーバイオレット→ウェザリングマスターD青焼け 金 金→クリアオレンジ フレーム・銀→スモークグレー (各色下地色→カバー色の順、ウェザリングマスター以外全てクレオス)、キンドーは航空機色が好きで良く使うんですが最近使う色が固定されてきてまして、少しは目先を変えないととは思うんですけどね・・・。
汚しはタミヤウェザリングマスターC・DSETであっさり仕上げ、スジ彫りというかモールドが若干甘いのでスミが入れづらいですが、キンドーはスジの彫り直しなんて器用な真似は出来ませんのでモールドの隅にスミを残すように拭き取るのがしんどかったー、スミだけにっつて(笑)。

ルプスレクス16 600

ルプスレクス17 600 ルプスレクス19 600
ルプスレクス22 600 ルプスレクス23 600

この鉄血ガンダムシリーズのキットはかなりの優良物件だと思います。
まぁうるさ方の人から見ればあーもあろこーもあろとあるかも知れませんが、是非一度だまされたと思って。
キンドーももう気に入っちゃって気に入っちゃって、しばらくは鉄血シリーズで行こうと思ってます。
というかすでに現状であと4機ほどすでに完成して控えていたりして・・・(゚∀゚)。


イカ次回「「メモル」ってアニメ知ってます?」。

芦田豊雄版 ヴァンパイアハンター スペックD(あきらかに違うっ!!)

「もう限界です。もう突っこんでもよろしいでしょうか?。」
「ダメです。同志キンドーの自然な真面目っぷりにわずかでもリアクションしたらラーゲリ送りですよ。」
「ああっ!、デブッ子隊長が 変なディアス作っでらー!」
「ラーゲリ!」
『ラーゲリ!?』
170330-2.jpg
※ 元ネタ:ガルまんー笑ってはいけないカチューシャ24時 198話&舌を噛んで耐える 206話
※ 「ラーゲリ」 旧ソ連の強制収容所を指すらしいデス。
キンドーは「激突!女子高生お色気戦車軍団」と神楽つなさんを秘かに応援しております。

最近病んでるなぁ。

どうも、最近mixiで〇ケモさんに異次元人指定されたしまったキンドーでございます。
ua21-yapool.jpg
こんな感じですかねー?。
まぁ間違ってはいないと思いますが(バキーッ!!)、「いや。どっちかっつーと巨大ヤプールの方でしょ?」とは思ってほしくないなぁ。


ということで「第10回みちもで」にて、なにか大きな力で大きな栄誉をいただいたリックディアスのレビューでございます。

「UNKNOWN PROJECT Z リックディアス・スペックD」 1/144HGUCリックディアス改造 (ベースデザイン QUASER)
スペックD 03 600

スペックD 04 600 スペックD 02 600
当ブログではご存知QUASER氏デザインをベースに、少々アレンジを追加した一品であります。
Qデザインは基本イラストで書かれている部分にはバランス調整以外出来るだけ忠実を守ってきましたが、今回はキンドーの独自解釈に基づき少々修正している訳です。
胸部・肩・スネの面取りとディテールの追加・削除等が主な修正点となっております。
決してディテール作んのめんどくさいーとか思った訳ではアリマセン?。

スペックD 07 600

スペックD 08 600 スペックD 05 600
HGUCベースなので1/144かと思われるかもしれませんが実は1/125で18.6m弱ということで前作エプシィガンダムと同スケールとなっております(エプシィは「PROJECT Z」設定上22m超級です)。
腹部・と大腿部を延長して装甲をシェイプしガンダムの頭部を付ければあのエプシィになるようにバランス調整と細部の変更を行っている訳です。

スペックD 10 600

スペックD 09 600 スペックD 12 600

スペックD 11 600 スペックD 13 600
ビームピストルが歪んで付いてますが、後の事を考えて未接着にしているためで、決してキンドーの心が歪んでいるせいではない。
基本工作はHGUCのエポパテでボリュームをつけて細部はほとんど彫刻で対応、本来なら別パーツにするべき所も今回は時間の関係もあり一発整形でつくっております。
苦労した点といえば、キンドーはこれまでドム系統というかボリュームあるメカを作ったことが無かったので、各部のバランスがコレでいいのかどうかが最後まで判んなかったというのがありました。
好き嫌いもありますが、あんまり偏ったものばかり作るのも良くないですねぇ。

スペックD 14 600

スペックD 16 600 スペックD 17 600
最近のディアス作例は、どちらかというとガンダム系よりのスマートなアレンジを加えられているものが多いような気がしますが、スペックDはMG誌別冊「PROJECT Z」の杉田晋氏のディアスのゴツめアレンジ作例(写真ちっちゃいですが)がベースにあるのではないかと考え、一応それを目指したんですけどこうやってみると以外に細っそ~。

スペックD 23 600 スペックD 24 600
バインダに関してはさすがに外側装甲こそ最低限別パーツ化してますが、内側はほぼ彫刻のみなので細部に関してはお願いだから突っこんでくれるなと。

スペックD 25 600 スペックD 19 600
スペックD 21 600 スペックD 22 600
細部、まぁディアスは意外と個性が強くてよほどのアレンジでも加えないかぎりディアスに見えると思うので、「ここをこうするとディアスに見えないんじゃ・・」とかいうストレスはありませんでした。
ちなみにビームバズーカはコトブキヤのサポートパーツの組み合わせ、円形シールドは前にも書きましたがMMさんというモデラーさんの作例からのオマージュです。

20 600
「みちもで」での1枚、右からキンドー作「HGUC素組みリックディアス」・新潟モデラー拓氏作「細マッチョアレンジ リックディアス(カッコいい!!)」・そして本作「スペックD」。
会場で「結果にコミット!」とかいって遊んでたら、モリモリ120氏が横から「そしてリバウンド?」とかいって全部持ってかれました。
なんかすっごいくやしかったです。


ということで「スペックD」でした。
せっかく「みちもで」アンケートでTOP当選させていただいた上に「杜の都模型会」等の新しい方々とも知り合えたので、真面目に製作風景とか書こうと思ったんですがやっぱり慣れない事はしない方がいいと思い相変わらずの調子になってしまいました。
「そんなことタイトル段階で判っとるわ!!」と言われそうですが、毎回いいますけどエポパテ造型って真面目に製作どうこうとか書こうとしても、結局「盛りました。削りました。こんな感じです」位の事しか書けない訳ですよ。
個人的資質の問題だといわれればそれまでですが(バキーッ!!
兎にも角にも、アンケートで選んでくれた皆々様、ありがとうございました。

PS・QUASERさま、ようやく写真撮れましたので後日まとめてUSBメモリでお送りいたしますー。


イカ次回「戦争知らないから広島抗争とか訳判んない」に続くっ!!。

すご~い!た~のし~っ! 第10回みちもで その4

さあ「第10回みちもで潜入レポ」も残すところあと1回、とはいえキンドーの胸先三寸なんですけど。
毎日1作品づつ紹介していけばあと10日くらい更新出来そうな感じではあるのですが、マジでそれやっちゃうとただでさえ少ない訪問者様が誰一人いなくなりそうなので、やはりここは禁じ手ということにしておきましょう。

みちもでに関しては毎回あの手この手でレポを上げておりますが、そもそもそんなに作品数画像上げないうえにノリで書いてるのがバレッバレな解説(?)に存在価値はあるのかと自分でも判っちゃいるんです。
でもキンドー的には作品個々の紹介よりも、みちもでという展示会の楽しさというか面白さが少しでも伝わってくれればなぁ~というつもりで書いております。
最近は模型の情報発信もSNSが主流になってきてましてブログの長々した文章で発信するのトレンディーでない感じでありますが(そもそもトレンディーなんて物言いがトレンディーではないね)、「来年は参加してみよう!!」なんて思ってくれる方は少しでも居てくれるといいなぁとか、是非ヨロシクお願いしますねー。

というか終わって5日でもう来年かっ!!(//>ω<)。


ということで潜入レポオーラスはミリ系&カーモデル。
49 600
ミリ系っつってもキンドーが紹介するんだから結局ガルパンがらみなんですけど(バキーッ!!)。「BT-42」ですが、座ってる絶対ミカさん手にカンテレ持ってる感じだと思うんだけどなー。
48 600
「三式中戦車」、アリクイ仕様でなく発見当初の参号車仕様がまたシブいのです。
51 600
「T34/76」劇場版仕様だと思いますが、クラーラさんとノンナさんのクラッシュシーンのイメージが強い85で無いとこが逆にシブ好みっすね!!。
50 600
「M3リーうさぎさん仕様」、ドゥーチェ率いるアンツィオ軍団が登場するまではダントツ1位だったんだけど・・・OVA以降の新規キャラは全員個性強すぎ(あれ?模型の話は?)。
52 600
ガルパンではないですが、一度はこういうのを作ってみたいけど実際に見てしまうと心が挫けることと言ったら・・・。木の葉っぱの表現は乾燥パセリだそうです。

カーモデル
56 600
前述のヴィネットと同じモデラーさんの作品、お話できなかったのが悔やまれますが、話したとしてもラベルが違いすぎて何話していいんだか。アメリカの浮かれた時代の雰囲気がキンドーのイチオシです。
54 600
あれ?これ「ムルシエラゴ」ですかね・・・?最近のランボは仕様がチョコっとづつ違ってたりするんでわっかんないんですよねー。次は「ヴェネーノ」期待ですね、岡ちゃんさん(^▽^)。
55 600
痛車も落ち着いてきましたね・・・。キャラクターが「そらのおとしもの」というのがまたシブいです。
53 600
トマソンさんの「ウィリアムズ FW36」、アリクイノーズとか散々な言われような時期のF1ですが、こうしてみるとなかなか個性がって良いかも?。
58 600
57 600
おおトリを務めるのはしゅんぱちさんの「H2R トリックスター仕様」、HJ誌に初登場見開きで載った一品・・・のはずが納得してないとかどうとかでその後バリバリに改修してるという、もうこの人訳がわかんない。パテ削りだし中のアンダーカウルの原型を見せてもらいましたが、あれがこうなるんですかそうですか(°_°)。


ということで4日ぶっ続けで更新いたしました「第10回みちもで」の潜入レポでした。
最後になりますが、主催のBO-Zさん、メインコーディネーターのTOKKOさん、メンバースタッフの皆さん、近隣・遠方から参加された全ての皆さん、本当にお疲れ様でした。
最後の挨拶でもありましたが「本当にここまで良い展示会になった」と皆さん絶対同じ思いを持っていると思います。
毎年年末が近づくと「もう模型なんてやめる~」と騒いでるキンドーも、この雰囲気を味わっちゃうと「来期も出来るだけガンバるぞ!!」とかなっちゃうんですよね。
1年なんてあっという間、次回に向けてさっそく模型作り始めましょう!!。

・・・とりあえずキンドーは6月あたりのスタートで(バキーッ!!)。


イカ次回「ディアスはどう作っても意外とディアス」に続く!!。

すご~い!た~のし~っ! 第10回みちもで その3

まぁなんつうんすかね?、いよいよ明後日からエコーが30円値上がりするわけですが。
×0年近くタバコを吸い続けてればもう何回か値上げは経験してるんですが、キンドーあんまり買いだめとかした事無いんですよね。
まぁやったとしてもせいぜい2~3カートン買う程度で、ストック無くなったら結局高かろーがなんだろーが買わなきゃいけなくなるんだから「潔く高い値段で買ってやらぁ!!」とか、まぁなんて男儀な(ようするにめんどい)。
それを今回は時流に乗って10カートン(計28.000円!?)買い置きしてみた訳ですが、実際には手元にあればあっただけ消費が早くなるだけから意味無いって話なんですけどね。
みちもでで昼ご飯食べながらそんな話をしてたんですが、「やめるという選択肢はないんですね・・・」とか生温い目がすり傷に塩擦り込まれるみたいに痛かったっすー(つД`)ノ。

とりあえずその判断は3ヶ月持ち越しということで。
あ、無理だなこれは(バキーッ!!)。

どうも、この嫌煙キャンペーンの嵐の中、電子タバコに一縷の望みを賭けたら以外にお高い代物だったので未だ2級タバコを吸い続けているキンドーでございます。
モデラーさんもタバコやめた人増えましたよね・・・、いっとくけどマスク無しでエアブラシの方が体に悪いんだからな!!。
チクショー、どっちにしろ自分か・・・。


ということで「みちもで潜入レポ第3回」
ちょっとだけ鉄血ガンダム系
06 600
タムタム展示用に「1/100ルプスレクス」作ったら以外にはまりましてゼンガーさんと「プチ鉄血祭り」、でも写真はこんだけあぁ無常。他のモデラーさんの「MA」とか「ルプス」とかも偶然近くに。
37 600
38 600
先日HJ誌でライターデビューされたぷーも師匠の「バルバトス」、メイスがスクラッチとかいうのはカモフラージュで、実はバルバトスの方が人間的に間違っているという(良い意味で)。やっぱりルプレク隣に並べなくてよかったですわぁ。
39 600 40 600
杜の都の刺客ハクさんの「アルティメットグシオンリベイクフルシティ」って長いな!!。某ニパ子キャラコラボだそうですが、本編と間逆のアプローチでこの説得力。

他アニメキャラ
45 600
みちもでとは長いお付き合いなのに今までお話出来てなかったダイサコさん、ようやくお話できました。当ブログでも何度となく画像でお世話になっておりまして、今後ともキンドー好みの作品を是非お願いいたします。
44 600
TOKKOさんの「フミナ」師匠。服のテリがエロいねぇといったら、返しの一言が「水着だからねっっ!!」。
43 600
武装神機で育った(訳ではない)キンドーとしてはフレームアームズは邪道!!と声を大にして言いたいのですが、こういうの見せられちゃうとね・・・。心が揺らぐわ~。
42 600
EIJIさんの「VF-25」、RRM展示会のときは確かバトロイドだったはず・・・?え?変形殺してたんじゃないの!?。
41 600
岡ちゃんさんの「ダグラム」ヴィネット、ATの新作も出品されたましたが、キンドーの今後のトライアルに向けての覚悟という意味で一枚。他にミケモさんの「ソルティック&ブッシュマン」がありました。
46 600
47 600
インパルスさん2作、衝撃の問題作「キャトルミューティレーションwithアダムスキー」!ヽ(≧∀≦)ノ!。
60 600
59 600
みんな大好き「メカトロヴィーゴ」、会場外には「ヴィーゴwith TEN××」なんてのもありましたが、なぜかアンケートには書かせてもらえませんでした。TOKKOさんに「なんで?」って聞いたら教えてもらえませんでした(ウソですすみません)。

本来ならこの辺でキンドーも1発ネタで参戦しているはずなのですが、今回は諸般事情でなーんも仕込めませんでした。
スーパーフミナの顔がもうちょっと可愛ければなぁ・・・、それだけが心残りであります。


イカ次回最終(*´∀`人 ♪「アンケート結果に忖度はあったんですか!?」編に続く!!。

すご~い!た~のし~っ! 第10回みちもで その2

毎度展示会だと妙なテンションになってしまって、自分が何言ってんだか判んなくなっちゃって布団に入ってから「あー、なか変な事口走ってなかったようなそうでないような・・・(*゚ェ゚*)」と悶々としてしまう訳ですが。
d.jpg ←こんな感じ
どうも、模型仲間の宴席と展示会の後は2~3日見知らぬ人の目すら気になってしょうがないキンドーでございます。
最近の愛読書は「古見さんはコミュ症です」1~3巻であります。

このブログを"模型制作"でたまに胸が締めつけられる、すべてのモデラーに捧ぐ。
いや、捧げられてもどうしようもないんですけどね。
相変わらず模型屋さんの前では動悸息切れ目眩に救心(バキーッ!!が止まりません。
c.jpg ←こんな感じ
ってか、古見さんネタやりたかっただけだろーっっ!!。


ということで気を取り直してみちもで潜入レポ2回目。
「赤い彗星コンペ」と「ドキッ!MSだらけの宇宙世紀決戦」・・・と言いたいところでしたが、「MSだらけ」の方の画像がほとんどありません。
電池の液漏れをやらかして以降デジ子の調子悪いんですよねぇ。
決して老化による手の震えでまともに写ってなかったとかいう話ではないのよ。
それと相変わらずですが作者様のお名前は有ったり無かったり間違ってたりしますので、お気づきの方は是非ツッこみヨロシクであります。

「赤い彗星コンペ」(正確には「シャア専用コンペ」)
12 600
13 600
みちもでメンバーはいどさんの「サザビー」「ナイチンゲール」。
この人、ほんといつ作ってんの?とか家の人なんにも言わないの?とかたまに心配になるくらい作るの早いんですよね。
しかも正確無比な出来ばえ。
14 600 15 600
左:新潟勢の拓さんの「1/60 ゲルググ」 右:メンバーTOKKOさんの「F2ザク」。
拓さんは毎度なんかやらかすと思ってたら今回も安定のやらかし感ですなー(いい意味でネ)。
16 600
メンバーシルビィさん、真ん中のズゴックはMG発売前に作った旧キットだそうで・・・。
17 600
「ワッパー」ってんでしたっけ?、ちっこいんですけどなまら細かいんですよ。
18 600 19 600
なんだこれ!?の2作品、ミニミニMSはキットの付属品だそうですが、右のこれは・・・。
なんでもかんでも赤く塗れ~、じゃすまさないよ!!(笑)。

「ドキッ!MSだらけの宇宙世紀大決戦」
21 600
みちもでは「エウーゴ機体」のしばりだったんですが、主役がいなかったらマズいんじゃなイカ?と危惧しておりましたらきっちり出動してくれてました。
キンドーも以前HGUC版は組んだ事あるんですが、コレずいぶんと違って見えるのは気のせいでしょうか・・・。
23 600 22 600
左:ライトニングZはエウーゴなのか?なんてこまけーこたぁいいんだよ!!。
右:某K師匠とかに脅されたらしいガッツさんの「ド・ダイ改ヴィネット」はスタイロフォームの加工について聞きたかったんだけど、すっかりわすれました。たはぁー(つД`)ノ。
24 600 26 600
左:メンバーシルビィさんのMK2リバイヴ。エマさんに目が行きがちですが、基本工作がしっかりされているのをキンドーは知っている。
右:このMK2モリモリさんやMASAさんがよってたかって「なんだこれは!?」と騒いでました。


ということでもちょっと続きます。

コンペ以外「ガンプラ系」
32 600
31 600
MAKOTO710さん、正直ジオングのビーム表現はどーなの?と思わずにはいられませんでしたが、こういう「ハレ」というか派手さのある作品って最近少なくなったと思いません?。
ガンダムの画像は今回のベストな1枚です。
29 600 27 600
左:蒼獅子さんの「アッザム」なんとかバージョンとかのごちゃごちゃしてない清潔感がGood。
右:メンバーインパルスさんの「鳥山verグフ」何度見ても飽きませんなぁ。
30 600
a46goさんの「プラモ狂四郎シリーズ」、これ全部キット化されてるんですっけ・・・?。
34 600
35 600
「ver2,0フリーダム」、やっぱりSEED系ガンダムはカッコいいですよねー。
28 600 36 600
左:VerKAガンダムでしょうか。自分の今ハマッてる作風に近い作品って、目がいっちゃいますよね。
右:ガルパンコラボネタは以前キンドーもガラパゴスでやりました(^∇^)。こういう感性はある意味こじらせるとキンドーみたいになっちゃうので注意です(バキーッ!!)。


大決戦作品の置いてあったところは人の壁がすごくて、最初中々写真が撮れなかったもんで最後に急ぎ足で撮ったら手ぶれたり画像エラーだったりと散々、新潟・郡山勢の写真はほとんど全滅でした( ノД`)。
コンペ以外でも「シャア専用MK2」とか「サイコガンダムMK2」とかなまらすごいのが撮ったはずなのに撮れてな~い( ノД`)、まぁそのうち他のブログからこっそり拝借しましょうか(バキーッ!!
ということで、この辺も他の方のブログやHP等にカッコイイ画像が載ると思いますので、それまでお待ちくださいませー(他力だなぁ)。


イカ次回「バックプリントは上着を羽織るとただの無地T」に続く!。

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR