Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/90-7b5c7765

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ひたすらに書き散らかし

ここんとこ情緒不安定気味でございまして、今回は精神安定のために書き散らかしておりますのでテキトーに読み散らかして下さいませ。



友「更新を制御出来んブログはゴミだと教えたはずだがな!!」。

キ「何を言うのか!!HP始めて1ヶ月経たぬうちにネタ切れ起こして閉鎖した男が何を言うのか!!」。

まぁほとんど捏造ですが(ひどい)、先日某友人とステーキガスト(最近たまに行くんですよ。カレーがタダなんですのよ)で食事をしたときの会話でございます。
どうも、更新するネタが無ければ捏造すればいいじゃない?と最近目からウロコのキンドーでございます。

ということで捏造してみました。

最近LOTO6で100万円当りました。
お祝いにマックでWクォーターパウンダーチーズと、天下一品のドロドロラーメンと、ビリーの大盛り肉アブラニンニク増しラーメンと、吉野家の特盛りチーズトッピングをハシゴしたら具合が悪くなりました。
その後模型屋さんで岡山フィギュアの「松本ドリルさんちの神尻桃香」とHGUCの「ハンブラビ」を10個買いました。

・・・・・・

捏造してもこの程度でネタが尽きるとは・・・なんという小市民っぷり。
あれ?おかしいね?涙が止まりませんよ。
あー、使いまわしだわー。



フォーゼいつの間にか終わってたんですね。
ホビー雑誌で新しいライダーの紹介とか出てたんでもうすぐ終わりなのかなぁとは思ってたんですけど、いやぁ、情報弱者ですねぇ。
フォーゼといえば、始まったときから「今度のネタはキョー〇インか」と思ってたんですが、アタクシの第一印象は「〇薬」だったんですよ。
と思ってたら、逢空万太さんがおんなじ感想を持たれていたってのが嬉しかったですねぇ。
仮面ライダーは「555」以降あんまり観なくなってしまったのですが、やっぱり新ライダーが発表されると「次はナニかなー?」と注目してしまいますね。
今回のライダーは魔法使いということなので、是非どこぞの時空かハンドパワーを捉えていただきたいと思います。
ガンバレ!!メンタリストライダー!!(ちがう)。

余談。
フォーゼ⇔座〇 ブレイド⇔イチジク〇腸 555⇔オ〇コマーク ディケイド⇔ワ〇マガジンの〇部修正
全てアタクシの第一印象ですが、人間、ここまで歪んでしまったら手の施しようがございませんよ。



終わっていたといえば、「自己満造型処」がようやく終わってくれました。
BIGLOBEのHP契約を終了させて2ヶ月近く経って、ようやく残しておいたTOPページが検索出来なくなったので、これでもう一片残さず終了となりました。
あースッキリ。
近々月イチ位の間隔で、こちらに過去作品のページでも作ろうかと思っております。
その前に新作なんとかせんかい!!。

ごめん、無理ー。



先日「グッド・シェパード」の中古が500円と、「ノーカントリー」のレンタル落ちが200円で投げ売りされてたところをサルベージしてまいりました。
「グッド・シェパード」というと思い出されるのが、最近観た「J・エドガー」なんですが。
方や事実を参考にしたフィクション、方や事実を基にした伝記的作品と、そもそも比べるべくも無いのですが、アメリカCIA創設期の物語ということでどうしても比較してしまいます。
アタクシ的にはやはり「グッド・シェパード」の方が面白いと思うのですが、そもそもフィクションですから盛り上げを意識しての脚本な訳で当然っちゃぁ当然なんですな。
でも、そもそも「J・エドガー」のクリント・イーストウッド監督って、ものすごく淡々とした演出をする人だと思うんですよね。
役者の演技が試されるっていうか、見ごたえあるシーンが沢山有る割には全体通すと盛り上げ感がちょっと食い足りない感じが毎回するんですよ。
ロバート・レッドフォードの監督作品もそんな感じがしないでもなかったなーとか思えるんですけど、やっぱり役者から監督にシフトしたっていうのとなんか共通するものがあるんでしょうか・・・。

「ノー・カントリー」の監督のコーエン兄弟って、名前は有名なんだけどアタクシほとんど作品を見てなかったりするんですよ。
「バートンフィンク」とか「ビッグ・リボウスキ」とか名前は知ってるんですけど、「ノーカントリー」はその中でもアカデミー賞をごっそり持ってった作品ではあるんですが、アタクシにはイマイチ良さの全てが判らないと言うか(下馬評一位の「ブロークバック・マウンテン」を抑えてアカデミー賞取った「クラッシュ」なんかとおんなじ感じ?いや、「ブロークバック・マウンテン」もそこまでか?と個人的には思いましたが)、最後まで悪役の「ハビエル・バルデム」って役者さんの不気味さというか圧倒的な存在感が印象的でした。
ある意味夢に出ますねぇ、あの顔は。

アタクシの中で悪役顔っていうと、この「ハビエル・バルデム」さんと「ラリー・ドレイク(ダークマン)」・「ゲーリー・オールドマン(フィフスエレメント・告発等)」・「マイケル・ウィンコット(クロウ飛翔伝説・1942コロンブス)」・「アンドリュー・ロビンソン(ダーティーハリー・ヘルレイザー等)」さんあたりが有力候補でありましょうか。
まぁ自分の観た作品の印象でしか無いんですけどね。
最近だと「フォレスト・ウィティカー」さんが「ラストキング・オブ・スコットランド」以降はっちゃけて来てますね。
「レポゼッション・メン」とか「エクスペリメント」なんか、特に「エクスペリメント」なんか、以前の「気の良い黒人のオッちゃん」的な冒頭からの豹変具合がたまりません。
DVDの予告集でも流れてるので知ってる方も多いと思いますが、劇中で「トォーイレッツ」と楽しげに命令するシーンがあるんですが、これが日本語版だと「トォーイレだぁ~ん」となんかダヨ~ンのおっちゃんみたいな感じになってしまっているのがなんかイヤ。

ということでDVDの棚を少し整理してみたんですが、気が付いたら映画関係だけでちょうど130本目でした。
130本目が「ノーカントリー」っつーのもなんだかなぁ。
ということは129本目が「グッド・シェパード」ということになるから、公式にはこっちを130本目って事にしようかしらん?。
まぁここに書いてる段階でどーでもいーんですが。
内訳的には洋画103本・邦画12本・アジア4本・アニメ11本って感じですか。
アニメの本数が以外に多いなと思ったら、つい最近「新訳Zガンダム3部作」をそろえたからでした。
他にDVDで補完出来ない洋画VHSが22本あるので計152本。
映画好きってわりには大したことないなぁ。

新訳Zの「恋人たち」で、ガザCのかっこ良さにやられてしまいました。
そのうち「ZZツヴァイ」の想像造型とかやって見たいですねぇ。



久しぶりに映画のことだらだら書けたので満足満足。
ということで中身はおろかオチすらなく、以下次回。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/90-7b5c7765

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。