Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/74-7c13407e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「杉井 光」センセーも、同レーベルで新作始めちゃったしなぁ・・・

世間ではウーッ!ニャー!!ウー!ニャー!!と騒がしい今日この頃でございますが、

アタクシは認めんぞっ!!(OP除く)。

いやその理屈はおかしい。

アニメに関しては、「にゃるアニ」の方が絶対おもしろいということだけはゆずれない願い(正・思い)のキンドーでございます。

なんかアタクシの好きだった(完結してるので過去形)ラノベの「月見月理解の探偵殺人」がアニメ化とかなんとかというウワサを耳にしたのですが、アニメ化じゃなくって漫画になったっつー話でした。
まぁ完結してますので、この先どうなろうとある意味どうでもいいんですが、ラノベがアニメになると、すでに第二期が決まってる作品でもなければ本編のラノベもアニメ終了と同時に次巻が出なくなるっちゅー不文律があるような気がするのですが・・・。

ちなみに最近偶然立ち読んだ漫画誌に、「AURA(田中ロミオ著)」が漫画になっててびっくりしました。
やっぱり、「人類は衰退しました」アニメ化の影響なんでしょうかねー?。

先日Eテレで「キルミーベイベー」の折部やすな役の声優さんが、「どんなに喋ろうとも、一本15,000円ー(笑)」と言っておりましたがー、なるほど、だから劇中の「くっそう!くっそう!!」ってセリフがやたらと実感こもってたんですねぇ・・・(ちがう)。



「復讐者に哀れみを」・「殺人の追憶」・「グエルムー漢江の怪物ー」を視聴。
いわずと知れたソン・カンホさん祭りでございまして、有名処では「シュリ」・「JSA」が抜けておりますが(まぁどちらも1回観てるんで、いいっちゃぁいいんですが)、なぜか近くのレンタルでは知らないうちに取り扱いやめちゃってるんですねぇ。
なんかあったんだろーか?。

ソン・カンホさん、いいですねぇ~。
一歩間違うと筋肉質の蛭子〇収さん(失礼!)な風貌からは想像もつかぬアグレッシブでかつ心象に訴える演技もすばらしい(「殺人の追憶」のラストシーンの「顔」の演技は必見!!)。
前にも書いたけどやっぱり韓流映画は独自のグロ描写がアタクシ的にイマイチ辛いことろでありますが、ある意味隠し立てせずありのままを見せることによって、観客と主人公の行動とそこから沸き立つ感情をリンクさせているって考えられるのかなぁとか。
「グエルムー」はレンタル2回目なんですが、韓国の儒教的家族感がベースにあるせいか(違うかもしれません。勉強不足です)なんとなく中盤からの展開がシリアスなんだかギャグなんだか判らなくなってきて、その辺を日本の特撮オタあたりや映画オタあたりに批判を受けておりましたが、ハリウッドのB級ホラーやパニック映画(ヘタすりゃ大作でも)にもこれ以上の凄まじい展開を「真面目っぽく」撮ってる作品なんか、それこそ星の数ほどある訳ですよ。
それでも「グエルムー」がどうにもおかしく見えてしまうのは、やはり俳優さんや背景ロケーションが日本人や日本の町並みに印象が近いから、ハリウッド映画みたいな「全てが絵空事」のように感じる事が出来ないせいではないかと思ったりするんですよ。
やっぱり同じアジアの役者さんの方が自然と感情移入してしまえるのかも知れませんねぇ。

この3作(+シュリ・JSA)、未見の方は是非一聴を。

他に「4人の食卓」を視聴。
「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンさん(あ、小夜も演ってたなぁ)が体当たり演技でございます。
ヒット作の次作にここまで異がう役を持ってくるって、日本じゃあんまり無い気がしますねぇ。

さらに「仮面ライダー・THE NEXT」
アクションシーンとV3はカッコよかったけど・・・なんもいえねぇ(涙)。
あの脚本と各人物設定はだれが書いたんでしょうね・・・?。
プロジェクトBM!のNEXT1号かV3欲しかったんだけど・・・百年の恋も冷めた感がひしひし。


その他・・・いろいろ観ましたが、やっぱり最近のお気に入りは「生徒会役員共」でしょうかね。
ガンダム作りながらのBGVには最高でございますよー。

せめてロ〇と言えーっっっっ!!(byスズちゃん)。



あれ!?模型は!!??(津田クンの突っ込み口調で)。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/74-7c13407e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。