Entries

工作ネタばらし その2

最近自転車の取締りが厳しくなったということらしいですが、アタクシの住む県ではまだ復興うんぬんの関係であんまり目立った取り締まり強化はしていないみたいですな。
しかし、アレ以降たしかにやたら増えた感がある無謀自転車はけっこう目に付く訳でして、あんまり度が過ぎると懲らしめられちゃうんじゃないかなぁと思うんですが。

何事も自重して事に及ぶ方がいいんじゃないかと思いますなぁ。

アタクシは自転車持ってないから関係ないといえばないんですがね。

ちゃんとしたの買おうとすると高いのよ。

この体重じゃ!!(泣)。


ということでアタクシの工作関係ネタばれ企画第2回目な訳ですが、その前にちょっとだけ。

PA210005 600  PA210007 600

前回の「みちもで」でコンプレッサートラブルの一件で涙を呑んだ「ベストメカコレ1/144ガン〇ム」であります。
一応最後までちゃんと作ったつもりでありますが、自分で夢見ていた仕上がりからは程遠い出来と相成りました。

間に合わなくてホント良かった・・・のが良いのか悪いのか・・・。
ホントはキチンと展示して酷評じゃなくてアドバイスをいただけた方が今後につながっていたはずですよねぇ。

それにしてもここまで作れないとは、アタクシ自身もちょっとビックリでございますよ。
出戻って8年弱、何やってたんだか。
でも思い返せば20数年前、最後に完成させた1/144ジオングは筆ムラに味のあるベタ塗りだったなぁ・・・。

そう考えると・・・進歩してるねっ!!(笑)。



気を取り直して本題。

2回目 ピンバイス・彫刻刀・粘土ヘラ

PA180006 400

デザインナイフ・金やすりの次に使用頻度が高い彫刻刀であります。
「パワーグリップ」という一本500円程度の安いヤツでよく刃が欠けるという事もあって、これも基本1作ごとの使い捨てであります。
高い物をちゃんと砥いで長く使うというのが理想ではあるのですが、タミヤエポの前には理想も砕けます。硬くて。

基本は平刀の1・5mm・3mm・4.5mmの3本で、1・5㎜の刃こぼれを削って1mmにしたものもたまに使います。
他にもそのときそのときに必要で買った丸やら三角やらキワなんかがあるにはありますが、そのとき以外の使いどころはほとんど無くって、現状ほぼ肥やし状態であります。
まぁそのうち使うこともあろう。


彫刻刀の使いどころとしては面だし・面ならし・段落ち・スジ彫り・みぞ彫り等々細部表現全般なんですが、そのときの気分でデザインナイフを使うこともあります。
というかそんとき目に入った方を使うことが多いので、厳密にここで使うって言うことが出来ないのが悲しいところ(逆にデザインナイフも同様)。
左右対称のディテールを彫るにしても、右側はデザインナイフで左は彫刻刀でディテるなんてざらにあります。

自分で書いてて「なんていい加減なヤツ」とムカつきますな。まったく!!。

でも事実だ・・・(泣)。

ちなみに。
このパワーグリップ、ペンを持つように使って力が入りやすいというふれこみでありますが・・・。
はっきり言って妙な形がヒジョーに使いづらい!。

これから彫刻刀をお買い求める方はお気をつけ下さいませ。


PA180008 400

ピンバイス・精密ねじ回し・ピンセット・定規です。
ピンバイスは1mm・2mm・3mmが基本で、ディテール(アタクシが多用する、凹の丸ポチディテールですな)にも使用しますが基本は真鍮線の軸打ち用です。
以前は4mm・5mmも使用しましたが、最近はMHの大腿部接続なんかの自重が掛かる部分でも、3mmを組み合わせれば大体接続強度は保つことが出来ることが判ってきたのでほとんど使わなくなりました。
持ち手部分は、買った記憶も無いのに知らないうちにあったのを使用してます。
だからバラバラ。

精密ねじ回しは細かいパーツを盛り付けるときに形を整えるときに使用。

ピンセットはピンセットで使用しますが、精密さゼロの安いものを使用してます。

金定規ですが、実はアタクシこれ以外の直線定規を持っておりません。
じゃぁどうやって15cm以上の左右対称パーツとか採寸しているのかというと・・・

ほぼ目分量

だから最後の最後で傾いちゃったりするんだね!!(バカだ。バカがおる)。
ちなみに15cm以下のパーツもあんま採寸とかしておりませんで、やっぱりほぼ目分量であります。

あ、100均の金メジャーをたまに使います。


PA180007 400

粘土ヘラ各種、というか爪楊枝以外は単にSETで売ってたから持ってるってだけで、上2本はほとんど使用しておりません。
木製でたしか3本SETで700円くらいだったかなぁ。
最近だと金属製のやたらお高いヤツが模型店で売られておりますが、アタクシ的にはこれで充分な訳です。
あんなお高いものを使うほどの腕がございませんわー。

主にフィギュア用ですが、脇・大腿付根・ヒジ・ヒザの位置決めや、髪の毛のラインをザックリモールドするのに使うくらいで、コレを使って粘土造型みたいにパテが柔らかい状態で形だしするような技術はアタクシ持ち合わせておりません。
それ以前に、こんなアバウトなヘラを使ってるフィギュアモデラーは多分いない

皆さん真似しないようにね。

爪楊枝はいまさら何を言うことも無く万能選手ですね。


次回は関連機材の予定です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/44-4c6db975

トラックバック

コメント

[C19]

なんか、またコメいただいちゃって、、スイマセン、、汗
久しぶりに見にきたら、工具特集(大好物)!!
しかも、、、
パワグリも鉄ヤスリもまったく同じもので、少し感激!笑
(同じ道具なのに、、、何故、自分は、、ダメなのか?笑)
そうそう、、、、
刃物類の使い捨ては、凄く同感!!
ウチでも、ほぼ1作ごとに、使い捨てしてます、、、、
けっきょく、研いで使用する「時間」を値段換算すると、購入したほうが、「吉」と考えるモデラーが多いのが、現状でしょうねぇ、、、
(そもそも、石研ぎすんのメンドイし難しいしね!笑)
ちなみに、昔、ブログ記事で、ニッパーも使い捨てだと書いたら、周りから凄く引かれた、、、滝汗、、、
たぶん、使用頻度が極端なんで、感覚的に伝わらない部分もあるのかなぁ?、、、とか思いましたが、、、
刃物の値段と寿命は、絶対比例するよね、、、ウン、、、
キンドーさんの工作量見てると、凄く同感しますよ!!
ちなみに700円ヘラ、、、良いですねぇ、、欲しい、、ウフ
  • 2011-10-29 03:05
  • 兄さん
  • URL
  • 編集

[C20]

あ、兄さんのコメがw

工具は色々買うんですが、会わなくて使わなくなるのも多いです。
でも腕がないんで、工具にたよることが多いです。
最近デザインナイフもだいぶ使えるようになってきましたが、まだまだ。。。
へらなんておれ持ってないですからね!
デザインナイフをヘラ代わりに(汗
買って失敗した百均のデザインナイフをパテ専用にしてます。
  • 2011-10-29 08:24
  • たみー
  • URL
  • 編集

[C22]

n兄さんサマ>>
なんと!コメントありがとうございます。
というかこのブログの存在、よく判りましたねぇ。
最近は脱線続きですが、本来あまり教育上よろしくないフィギュア製作を念頭に置いたブログなもんですから、まじめに造型に取り組んでおられる友人知人にはあまり周知していないんですよ。

アンテナの高さ、さすがでございます。

工具の使い捨てに関してですが、精度的にもそうなんですが、特にやすりなんかは古いものを使ってると時間的にも体力的にもしんどくなるんですよね。削れなくて。
タミヤエポみたいな固めの素材の場合は、工具も鮮度が命みたいなところがあるかもです。

ニッパーの使い捨て>>
アタクシの場合、ニッパーはほぼ真鍮線切りにしか使わないのであんまり買い換えないなぁ。
おかげでたまのゲート処理は散々ですけど・・・(泣)。

あ、余談ですが、
兄さんサマのブログコメントで、アタクシを「フィギュア造型師」と呼称していただいてありがたいというかなんですが。
当方芸歴8年目のTHE・アマチュア(ワンフェス参加は4回ありますが)でございますので、その辺生ぬる~い目で見てやっていただければ幸いでございます。
  • 2011-10-29 13:59
  • キンドー
  • URL
  • 編集

[C23]

たみーサマ>>
>>あ、兄さんのコメがw

そうなんですよ。たみーサマをダシに使って(ひどい)、先日n兄さんサマのブログに書き込みをさせていただいた訳ですよ。

こんど会った時になんかおごるから許してちょ。


バング(リペ前)あたりまではアタクシも工具ばっかり気にしてました。
エミリィとK・O・Gあたりで今の工具と工作方法に落ち着いた感じです。

逆に言うと、それから進歩が無い!!。
そんな感じ・・・。

余談ですが、デザインナイフを粘土ヘラ代わりにすると、無意識に舐めちゃって舌から大出血してしまうことをアタクシは知っています(やったのか)。
  • 2011-10-29 14:10
  • キンドー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR