Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/43-47430b63

トラックバック

コメント

[C17]

さすが、大物を作るだけに道具も大きめですね。
(メカもエロも同じ道具とは、表現の幅が広い!)
タミヤのエポパテの話は、参考になりました。
なんか削りづらいと思ってたんですが、
熱で弾性が戻るとは・・・。
  • 2011-10-27 13:09
  • MASA
  • URL
  • 編集

[C18]

MASAサマどもー。
タミヤエポは完全硬化まで1年以上かかりますからねー。
それまでは摩擦熱や体温で微妙に柔らかくなったりするから困りもんですよ。

でも細部を作るときに、必要以上に割れ欠けを心配しなくてもいいのが利点でもありますな。

白熱灯とかで強制的に硬化させるっていう人もいますが、どうも脆くなるみたいでアタクシとしてはオススメ出来かねるところですね。
  • 2011-10-27 23:56
  • キンドー
  • URL
  • 編集

[C21]

タミヤエポパテって完全硬化まで1年以上ですか!
確かに今使ってるエポパとは性状がかなり違うんですよね。
エポパは普通に使う分には柔らかくていいんだけど、凹モールド彫って底をカンナがけしようとするとボソボソになりやすいし、柔らかいから角が欠けたり。
強度と言うか精度が欲しい時はタミヤの方が使いやすいと思いました。
そんなにエポパテ、特にタミヤは使いこんでないので、粘りという感覚は解りませんでしたが、最近粘土細工が多いのでようやく素材の違いがわかるようになってきました。
最近神戸のダディズポケット スキヤキと言うとこで売ってる「切れるやすり」を使ってるんですが、エポパテでも結構削りやすくて重宝してます。

ちなみに自分もヤスリ、ニッパーとか刃物は使い捨てです。
  • 2011-10-29 08:34
  • たみー
  • URL
  • 編集

[C24]

たみーサマ>>
エポパテの完全硬化は、どの段階をして完全硬化というかで意見が分かれるところではありますが・・・。

アタクシの場合、1作の制作期間が長期にわたる場合が多いので、最初に作ったパーツと最後の方に作ったパーツの硬度なんかでかなり差が出て来る訳ですよ。
加えてバングやエンP-のリペアをやったとき、製作時の硬度との差にびっくりしたなんて経験もあるもんですからねぇ。

そのうちエポについても書く予定ですので、詳しいことはそのときにでも。
  • 2011-10-29 14:30
  • キンドー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

工作ネタばらし その1

ここんとこ、各方面の模型コンテストの予選やらなんやらの結果が出始めたみたいで、アタクシの友人(といってもいいよね?)モデラー様方にも第一報なり二報なりが入ってきているみたいです。

中には日本代表になるとかどうとかという方もいらっしゃいまして、アタクシとしても嬉しい反面置いてけぼりにされたような、ちょっと複雑な感じも無くは無く。

まぁ参加もしてない訳ですからどんなに羨ましがっても意味の無い話ではあるんですけどね。

ここは一発雑念振り払って、ガッツリ旗振って応援に回らせていただきますよ。


で、今回からはしばらくアタクシの造型工具のネタばらしブログなど。

なんでいまさらこんなことといいますと、HPの方で質問があったからなんですが、他の人に需要あるんかなー?って感じはするんですけど、まぁコレといったネタもないし・・・というこで。

一応言っときますが、紹介する内容はアタクシのリノン~Zガンダムまでで培ってきた(大げさ)結果でありまして、ウソ偽り誇大な表現&ネタ要素は一切ございませんです。



1回目 やすり・カッター編

PA180002 400

やすりです。
上から中目半丸・細目半丸・細目精密・精密角・ダイヤモンド半丸・目立てとなっております。
全て近所のホームセンターで購入しておりまして、細目半丸で780円くらいの金属用のやすりです。

一番使用頻度が高いのが細目半丸で次が細目精密(どちらも目は同じです)であります。というかシルエット製作段階ではほとんどこの2本しか使っておりません。
やすりとして単純に削るというのは勿論ですが、エッジを使ってカンナのように使う場合が多いです。
大体1作1本を使い捨てですが、Zでは各2本づつ買い換えました。

中目は重さを利用した荒削りに使っていましたが、タミヤエポは一旦硬化しても熱で弾性が戻ってしまう為、中目のような目の粗いやすりだとエポにはじかれてしまって必要以上に疲れてしまうので、最近はほとんど使わなくなりました。

以前スケールモデラーの方から「タミヤエポは平面加工がしづらい」という話を聞きましたが、多分目の細かいやすりで細かくやすりがけをしているうちに弾性が戻ってしまい、削れる面が不均等になってしまうのではないかと思います。

個人的にタミヤ即硬化エポの平面加工には、現状では金属用細目がベストであると思います。

細目精密とダイヤモンドはMHのフェイスくらいにしか使っていません。Zガンダムはサンドペーパーを導入したので一切使いませんでした。

目立てはディテール用。多分10年選手です。


PA180003 400

カッター類。
上から大刃カッター・NTアートナイフ・NTデザインナイフの3点。
大刃カッターは100均、アートナイフとデザインナイフの柄はNTの一番安いグレード。
デザインナイフの刃はNTの刃先角度30度を使用、MHクラスのもので160~200枚使います。
30度角以外にも半丸タイプや45度角、タミヤの固定刃タイプなども試してみましたが、アタクシにはこのNT30度角が一番相性がいいみたいです。

デザインナイフの刃はオルファ製の方が薄くていいのですが、非常に折れやすくアタクシには合わないみたいです。
ウェーブエポやエポパ等の柔らかい素材にはにはいいかもしれませんね。

大刃カッターはエンゲージ~バング(リペア前)のころまでメインで使用していましたが、エミリィ製作時の格子モールド製作でデザインナイフの有用性に気づき、それ以降はデザインナイフをメインで使用しております。
現在はウェーブ軽量エポやセメダイン木感エポの切り出し専用になってしまいました。

アートナイフはプラ板切り出し用で、エポパテの加工はほとんどデザインナイフと金やすりで作っております。




これでアタクシが基本工作に使用する工具は全てなのですが、多いのか少ないのかは自分でも判りません。
MH作ろうがエロフィギュア作ろうがここ数年は全く同じ工具です。



次回は細部工作器具を紹介いたします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/43-47430b63

トラックバック

コメント

[C17]

さすが、大物を作るだけに道具も大きめですね。
(メカもエロも同じ道具とは、表現の幅が広い!)
タミヤのエポパテの話は、参考になりました。
なんか削りづらいと思ってたんですが、
熱で弾性が戻るとは・・・。
  • 2011-10-27 13:09
  • MASA
  • URL
  • 編集

[C18]

MASAサマどもー。
タミヤエポは完全硬化まで1年以上かかりますからねー。
それまでは摩擦熱や体温で微妙に柔らかくなったりするから困りもんですよ。

でも細部を作るときに、必要以上に割れ欠けを心配しなくてもいいのが利点でもありますな。

白熱灯とかで強制的に硬化させるっていう人もいますが、どうも脆くなるみたいでアタクシとしてはオススメ出来かねるところですね。
  • 2011-10-27 23:56
  • キンドー
  • URL
  • 編集

[C21]

タミヤエポパテって完全硬化まで1年以上ですか!
確かに今使ってるエポパとは性状がかなり違うんですよね。
エポパは普通に使う分には柔らかくていいんだけど、凹モールド彫って底をカンナがけしようとするとボソボソになりやすいし、柔らかいから角が欠けたり。
強度と言うか精度が欲しい時はタミヤの方が使いやすいと思いました。
そんなにエポパテ、特にタミヤは使いこんでないので、粘りという感覚は解りませんでしたが、最近粘土細工が多いのでようやく素材の違いがわかるようになってきました。
最近神戸のダディズポケット スキヤキと言うとこで売ってる「切れるやすり」を使ってるんですが、エポパテでも結構削りやすくて重宝してます。

ちなみに自分もヤスリ、ニッパーとか刃物は使い捨てです。
  • 2011-10-29 08:34
  • たみー
  • URL
  • 編集

[C24]

たみーサマ>>
エポパテの完全硬化は、どの段階をして完全硬化というかで意見が分かれるところではありますが・・・。

アタクシの場合、1作の制作期間が長期にわたる場合が多いので、最初に作ったパーツと最後の方に作ったパーツの硬度なんかでかなり差が出て来る訳ですよ。
加えてバングやエンP-のリペアをやったとき、製作時の硬度との差にびっくりしたなんて経験もあるもんですからねぇ。

そのうちエポについても書く予定ですので、詳しいことはそのときにでも。
  • 2011-10-29 14:30
  • キンドー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。