Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/195-272c0ddc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

鉄血祭り 最終 1/100ガンダムバエル&1/144ガンダムフラウロス

img_2.jpg画像WEB転載
だれだコイツ!?(゚д゚)。
バエルの画像検索してたらなんか引っかかってきまして、最初は最近のガンダムでも作画崩壊は起こるのかぁーとか思っただけだったんですが、どうやらガンダムXに出ていた真性のガンダムキャラだそうじゃなイカ!?。
というか安永航一郎氏が鉄血パロったらこんな感じになるのかなーとか考えると、毎日5時間位しか眠れませんね(*≧∪≦)。

どうも、最近坐骨神経痛(らしい)がひどくて痛み止めと毎日3回のストレッチが欠かせなくなってしまったキンドーでございます。
でも立って歩くとか普通の動きは痛みさえ我慢すれば以外にイケてしまうもんで、展示会とかお遊び会とか楽しい場ではいつも通りはしゃいじゃうんでイマイチ誰にも信用されないというか信じてくれないのが悩みどころ、まぁ単純に日ごろの行いといわれればそうかも知れん(バキーッ!!)。
「模型はカネかけて環境整備しなきゃ良い物作りは出来ないよ~ん」とかネタに詰まった模型雑誌の戯言と思ってましたが、やっぱり最低限の環境作りくらいはしないといけませんよ。
加えて左手だけだったバネ指が右手にも出ちゃいまして、中指と薬指がアーマチュアからベンダブル可動に・・・だから1ヶ月もブログの更新出来なかったんだネ(#^.^#)。

って・・・んなわきゃあるか~いっっっ!!


ということでしばらく間が空いてしまいましてキンドーの鉄血熱もすっかり冷めてしまった訳ですが、ヤリかけで終わらすのもイヤんな感じがしないでもありませんので、今回はラストまとめて二本立てでお贈りそおらえの鉄血祭り第6・7弾、ガンダムバエル&ガンダムフラウロス)でございます。

「1/100フルメカニクス ガンダムバエル」
バエル01 600

バエル03 600
最初はあんまり興味の無いキャラだったんですけど、こうやって作るとやっぱり愛着が湧きますね。
店舗用見本だったので完全キットのままです・・・と言いたいトコなのですが、実をいうと2パーツほど最初から無かったのか無くしたのか、とにかく無いものは無いのでまるっと作り起こしていたりします。
まさに能力の無駄遣い、おかげでGW後半4日はやっぱりまるっと潰れてしまいました( ノД`)。

バエル05 600バエル06 600バエル08 600
全身ほぼ白一色なのですがさすがに本気で真っ白にするのもどうかと思ってかなり青寄りの白(画像だとあんまり判んないですね)にボカシ塗装をしてみましたが、どうにもボカシなんだか塗りムラなんだか判んない結果になってしまい、こういうキレイなキャラの塗装をムラ無く塗るのはむずかしいなぁと実感しました。

バエル09 600
塗装・白:ミディアムブルー→キャラクターホワイト 青:ダークブルー→ミディアムブルー グレー:ジャーマングレー→RLMグレーバイオレット 黄:金→クリアオレンジ フレーム:銀→スモークグレー
スミ入れはエナメルのクリアーブルーとブラックを適当に、ウェザリングマスターでエッジのみ少しだけ汚しています。
塗り分けはシール補完部分のみ、だって取説借りるの忘れたんだもん。

バエル12 600
劇中ではギャラルホルン)のフラッグシップ的な役割のようでしたが、唯一の羽根つきキャラの割りにあんまり印象に残らない感じで、やっぱりあそこまで白いというのも考え物か・・・、まぁパイロットが結構毒のある人でしたから釣り合いは取れていた・・・のか?。
模型的にもシンプルなキャラを作るときにこそ、細部の工作技術なり塗装技術なりモデラーの主腕が問われるのだなぁと思いますが、とりあえずキンドーの毒気程度ではどうにもなりませんでしたよ、ええ。
このバエルはTAMTAM仙台店サマに晒されておりますので(多分)、ご興味のある方は立ち寄ってみてくださいませ。

バエル17 600
でもやっぱりカッコいいなぁ!!、でも元ネタのバエル(悪魔辞典参照)と比較すると・・・どうしてこうなった(°_°)?。

続いてもういっちょ!!。
「HGIBO 1/144ガンダムフラウロス」
フラウロス01 600

フラウロス02 600
まーなんですか、フラウロスがどーの以前に流星号ってなんかみんなおんなじ色だったもんで見分けがつかなかった・・・とか、まぁ言い訳に過ぎませんが本編まともに見てないのが丸わかりで辛いー。
でもとりあえずガンダムフレーム全種コンプ(バリエーション除く)の為に作った訳ですよ。

フラウロス04 600フラウロス06 600フラウロス05 600
カラーはピンクというか赤がリックディアススペックD、白その他をバルバトスとまったく同じで塗ったので割愛。
本体側はほぼ合わせ目処理の必要が無いのを良い事に全く手を加えなかったのはいいとして、背中の武装の合わせ目消しくらいもう少し丁寧にやればよかったと思わずにはいられません。
顔の白い立てスジあたりが後日検索したシュッとした感じと違ったんで、その辺手を入れればベストだと思います。

フラウロス07 600
こうしてみるとなかなかアジのあるキャラな訳で、スマートでシンプルな下半身と上半身ゴツゴツしたのボリューム感のギャップが他のガンダムと違ってなかなかカッコよい。
乗ってる人がなにかとお調子キャラな人だぅたので、コレも一つのギャップ萌えということで納得しました(するんかい)。

フラウロス09 600

フラウロス08 600
アグレッシブビーストチェインジ形態(違う)、5台合体で超獣機神に・・・なるわきゃなーい(゚∀゚)。
キンドーのやりかたが悪いんだか判りませんがコレってかっこいいのか?、というか本編でこの形態使ったの?(どうやら2期MA戦で使ったらしい)。
フラウロスはどこの模型屋さんでも入荷即品切れっぽくて買うのに結構難儀したんですが、そこまで人気があるのはやっぱりこの変形機構がお子サマのハートをがっちりキャッチ!なのかなぁと思ってたんだけど、まぁやっぱりキンドーの変形のさせ方がマズいんだと・・・思っておこう。

ということでなんとか鉄血販促シリーズようやく終わりました。
一時期はルプレクをもう一個とかグシリベとか外伝物(ウヴァルとかダンダリオンとかカッコイイよね)とかまでやろうとしていたんですけど、以外に飽きるの早かったですねー。
わずか3ヶ月程度でしたが、ここまで集中してキットを作ったのも初めての経験で、1作ごとの出来はまぁいいとして(いいのか)キンドーも10年掛けてやっとそこそこキットを作れるようになったんだなぁ・・・と( ^ω^ )。
勝手な思いですが、こういう機会を与えてくれたインパルスさん・ゼンガーさん・ハイドさん・ずんだクンに感謝です(^-^)/。


イカ次回 「アニキと美都子とスパイラルナックル・・・その前に」に続く!!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/195-272c0ddc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。