Entries

鉄血祭り その2 1/100グレイズ

「あたしがピアノを弾いてた事黙ってて。オスカーやマリエルに・・・」
nakura_19.jpg
画像Web転載
そりゃ「とんがり帽子メモル」の「グレイス」でしょ!!。
多分ほとんどの人が憶えていないと言うか覚えていたらいたで(4~50代男性限定)世間的に問題がありそうですが、昔そんなアニメがあったんですよ。
いや別に変なアニメじゃありませんので念のため(バキーッ!!)。
このシリーズ、キンドーが納得するまであと8回続きますよ(ウソです)。

どうも、最近休日になると周辺の中古屋さんめぐって鉄血関係のお安い出物がないか探して回るのがルーチンワーク化しつつあるキンドーでございます。
そろそろ鉄血も素組みの袋詰めをちょいちょい見かけるようになってお財布には非常にありがたいんですが、大体取り説が付いてないんでバラすとあとで組むのが大変なのが玉にキズであります。
シールもバッチリ貼られてたり所々色が塗ってあったりして剥がすのが大変・・・、てかちゃんと模型屋さんで買えよぅ( ノД`)。

ということで今回はそんな苦労の上に手に入れた、鉄血素組みシリーズ第2回「1/100グレイズ」であります。

バンダイ「1/100フルメカニクス グレイズ(一般機)」
グレイズ01 600

グレイズ04 600

グレイズ03 600 グレイズ05 600
設定とか詳しく見てないので正確なところは判りませんが、もしかすると主役のガンダムよりも出来が良いかも知れません。
脚側股関節に若干の接着必須なところがありますが、それ以外はもうなんの加工も必要ないんじゃなイカ?と思えるほどありまして、今回はルプスレクスと頭身合わせる為に胴で3mm強延長しましたがマスキングも胸部の一部程度でホントにストレスフリーなキットでした。

グレイズ06 600

グレイズ07 600

グレイズ10 600 グレイズ09 600
塗装は緑濃・ジャーマングレー→グリーンFS34092 緑淡・グリーンFS34092→明灰緑色 フレーム・ジャーマングレー→ウェザリングマスターDオイル&同D赤サビ 等々、フレームのジャーマングレーは原色が判らなくなる位にウェザリングマスターを擦り込んでいます。
緑の部分は同じく赤サビとかオイルを中心にもう汚いといえる位に一度擦り込んでから濃・淡両カバー色で上からリタッチしました。
多分もっと旨い方法があると思うんですが、まぁウェザリングは初心者ですから( /ω)。

グレイズ12 600

グレイズ13 600
前回のルプスレクスもそうでしたが、スミ入れは黒を使用してます。
某HOW TO本とかで「スミに黒は使用しちゃアカン!!」とか書いてあったんですけどキンドーは茶色とかグレーのスミ入れ好かんのですよ。
某紙でよく立ち読む(バキーッ!!)ガンダムとかの白地の作例とか、なんか〇器のしつこい黄ばみ汚れみたいにしか見えないんですよね。
グレーとかだとなんかボケて見えるし、良いとか悪いとかはあくまで作り手の主観によるものだと思う訳で、たとえプロでも「こうやらないとダメ」とか限定的に言うのはどうかと思いますです。
その代わり所々に黒の上からクリアレッドを流しておりまして、これはハリウッドのアクション映画でよくある効果「意味の無い襟足や耳や指先に付いてる血のり」的な表現で、怪我してる訳でもないけどなんか生々しい感じに見えたりする効果を狙ってます。
リアルというよりリアリティを求めるのがキンドー流、なんちて。

グレイズ15 600
ライフルはベース色のジャーマングレーと黒のスミ入れ以外は全部ウェザリングマスターで色をつけました。
C・DSETの6色を適当にバーッと擦り付けただけですが、ちょっとお気に入りの仕上がりになりました。
問題は色のコントロール出来ててこーなってる訳ではないと言う事ですが(ダメじゃん)。

という感じで素組み鉄血シリーズ第2回でした。
好き嫌いはあると思いますが、こうしてみるとやっぱり某フレームアームズみたいなカッコはいいけどなんか薄っぺらい感じのデザインとはなんか違う気がするなぁとか、やっぱり情が移ると贔屓目に見ちゃいますネ(。-_-。)。

余談
TAMTAM仙台店で「みちもで2017」の会場風景のスナップ写真を展示していただける事になりました。
まぁキンドーが撮った画像ですので「こんな写真じゃオレの作品の良さの10分の一も伝わらないゼ!!」とか思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、そこはまぁ大目に見てやってくださいませ。
それと、一部キンドーが撮り逃した作品の写真を他サイトからお借りしております。
もし店頭で「おいコラこれイカんだろ!!」という方がいらっしゃいましたらご面倒ですがキンドーまでご一報下さいませ。


イカ次回「HGは休日込みで5日仕上げ!!」に続く。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/190-3e4b4312

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR