Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/184-37c398fc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

芦田豊雄版 ヴァンパイアハンター スペックD(あきらかに違うっ!!)

「もう限界です。もう突っこんでもよろしいでしょうか?。」
「ダメです。同志キンドーの自然な真面目っぷりにわずかでもリアクションしたらラーゲリ送りですよ。」
「ああっ!、デブッ子隊長が 変なディアス作っでらー!」
「ラーゲリ!」
『ラーゲリ!?』
170330-2.jpg
※ 元ネタ:ガルまんー笑ってはいけないカチューシャ24時 198話&舌を噛んで耐える 206話
※ 「ラーゲリ」 旧ソ連の強制収容所を指すらしいデス。
キンドーは「激突!女子高生お色気戦車軍団」と神楽つなさんを秘かに応援しております。

最近病んでるなぁ。

どうも、最近mixiで〇ケモさんに異次元人指定されたしまったキンドーでございます。
ua21-yapool.jpg
こんな感じですかねー?。
まぁ間違ってはいないと思いますが(バキーッ!!)、「いや。どっちかっつーと巨大ヤプールの方でしょ?」とは思ってほしくないなぁ。


ということで「第10回みちもで」にて、なにか大きな力で大きな栄誉をいただいたリックディアスのレビューでございます。

「UNKNOWN PROJECT Z リックディアス・スペックD」 1/144HGUCリックディアス改造 (ベースデザイン QUASER)
スペックD 03 600

スペックD 04 600 スペックD 02 600
当ブログではご存知QUASER氏デザインをベースに、少々アレンジを追加した一品であります。
Qデザインは基本イラストで書かれている部分にはバランス調整以外出来るだけ忠実を守ってきましたが、今回はキンドーの独自解釈に基づき少々修正している訳です。
胸部・肩・スネの面取りとディテールの追加・削除等が主な修正点となっております。
決してディテール作んのめんどくさいーとか思った訳ではアリマセン?。

スペックD 07 600

スペックD 08 600 スペックD 05 600
HGUCベースなので1/144かと思われるかもしれませんが実は1/125で18.6m弱ということで前作エプシィガンダムと同スケールとなっております(エプシィは「PROJECT Z」設定上22m超級です)。
腹部・と大腿部を延長して装甲をシェイプしガンダムの頭部を付ければあのエプシィになるようにバランス調整と細部の変更を行っている訳です。

スペックD 10 600

スペックD 09 600 スペックD 12 600

スペックD 11 600 スペックD 13 600
ビームピストルが歪んで付いてますが、後の事を考えて未接着にしているためで、決してキンドーの心が歪んでいるせいではない。
基本工作はHGUCのエポパテでボリュームをつけて細部はほとんど彫刻で対応、本来なら別パーツにするべき所も今回は時間の関係もあり一発整形でつくっております。
苦労した点といえば、キンドーはこれまでドム系統というかボリュームあるメカを作ったことが無かったので、各部のバランスがコレでいいのかどうかが最後まで判んなかったというのがありました。
好き嫌いもありますが、あんまり偏ったものばかり作るのも良くないですねぇ。

スペックD 14 600

スペックD 16 600 スペックD 17 600
最近のディアス作例は、どちらかというとガンダム系よりのスマートなアレンジを加えられているものが多いような気がしますが、スペックDはMG誌別冊「PROJECT Z」の杉田晋氏のディアスのゴツめアレンジ作例(写真ちっちゃいですが)がベースにあるのではないかと考え、一応それを目指したんですけどこうやってみると以外に細っそ~。

スペックD 23 600 スペックD 24 600
バインダに関してはさすがに外側装甲こそ最低限別パーツ化してますが、内側はほぼ彫刻のみなので細部に関してはお願いだから突っこんでくれるなと。

スペックD 25 600 スペックD 19 600
スペックD 21 600 スペックD 22 600
細部、まぁディアスは意外と個性が強くてよほどのアレンジでも加えないかぎりディアスに見えると思うので、「ここをこうするとディアスに見えないんじゃ・・」とかいうストレスはありませんでした。
ちなみにビームバズーカはコトブキヤのサポートパーツの組み合わせ、円形シールドは前にも書きましたがMMさんというモデラーさんの作例からのオマージュです。

20 600
「みちもで」での1枚、右からキンドー作「HGUC素組みリックディアス」・新潟モデラー拓氏作「細マッチョアレンジ リックディアス(カッコいい!!)」・そして本作「スペックD」。
会場で「結果にコミット!」とかいって遊んでたら、モリモリ120氏が横から「そしてリバウンド?」とかいって全部持ってかれました。
なんかすっごいくやしかったです。


ということで「スペックD」でした。
せっかく「みちもで」アンケートでTOP当選させていただいた上に「杜の都模型会」等の新しい方々とも知り合えたので、真面目に製作風景とか書こうと思ったんですがやっぱり慣れない事はしない方がいいと思い相変わらずの調子になってしまいました。
「そんなことタイトル段階で判っとるわ!!」と言われそうですが、毎回いいますけどエポパテ造型って真面目に製作どうこうとか書こうとしても、結局「盛りました。削りました。こんな感じです」位の事しか書けない訳ですよ。
個人的資質の問題だといわれればそれまでですが(バキーッ!!
兎にも角にも、アンケートで選んでくれた皆々様、ありがとうございました。

PS・QUASERさま、ようやく写真撮れましたので後日まとめてUSBメモリでお送りいたしますー。


イカ次回「戦争知らないから広島抗争とか訳判んない」に続くっ!!。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/184-37c398fc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。