Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/18-76dc1b6a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

懐古趣味的に語ってみる その2

すぐ続きを書くつもりでいたんですが、その1書いたら一気に熱がさめまして。
やっぱり完成品だと箱から出してしばらくいぢったら後は飾っとくしかしょうがないっていうことで、手にした時の興奮もある意味瞬間湯沸し器みたいなもんなのでありましょうね。

でまぁ続きなんですが。
そんなこんなありまして数年、やまとから1/60の完璧版ともいえるVF-19が発売されたりハセガワ1/72や1/48のプラモが発売されたり(個人的にはハセガワキットはバルキリーのモデライズではなく飛行機としてのリデザイン版であると認識しているので、ハセガワキットにはまったく食指が動かないのであります)しまして、やまと1/72に関してはネットや雑誌等でもほとんど取り上げられることも無くなってしまった訳です。

アタクシとしてもやまと1/60をすでに2機も購入済みで、パッケージリニュアル版をどうしようかとかおもっているくらい1/60にどっぷりハマっておりまして、もう1/72版なんてどっかいっちゃってたんです。

それが

震災後、市内にリニュアルオープンしたリサイクルショップをぷらぷらしていたところ、遠目にバルキリーのトイらしき姿が・・・。
しかもパッケージングがバトロイド形態でラッピングされてる(バトロイドでラッピングされてるのは大概古い。当時は飛行機よりも人型がメインだったんだね)。
なんだこれ・・・・!!?。

・・・あぁ感動の再会、1/72YF-19

まさかこんなところでこんなときに再会するとは思っても無かったからついつい「えっ!?」とか口に出してしまいましたよ。恥ずかしい。
ガンポット紛失と若干の日焼けがあるとの事ですが、ガンポットなんてちょちょっとでっち上げれば良いだけだし日焼けだってそもそも元の色が日焼けぎみのベージュだからあんまり気にならない。
なにより昔のプレミアとんでも価格の数分の1のバスタープライス、なんとなく肩付根がカタカタいってるような気はしないでもありませんでしたが・・・まぁ迷うことも無かろう。

と思ったでしょ?。3日悩んだのが本当のところ(笑)。
大人は金が自由になるとか思ってるあなた、現実のこづかいはキビシイもんですよ。



1/72ファイター
P5170008.jpg P5170009.jpg

1/60版との比較
P5170010.jpg P5170011.jpg P5170003.jpg P5170019.jpg

1/72バトロイド                 1/60バトロイド
P5170026.jpg P5170027.jpg    P5170017.jpg

バンダイ1/55ファイヤーバルキリー(ちょっとだけ改造)との比較
P5170022.jpg

とレビューらしく画像多めにしてみました。
本音をいいますと、今の目で見ればヒジョーにキビシーっっっ!出来であります。
なにしろ似ているとか似ていないとかいう話以前にパーツが左右で形が違う!関節クリックは硬いけどガタガタで安定しないし力入れると折れそうで怖い。
ファイター形態は各部のテンションで型崩れし無いようにしてるらしく、そのテンションが異様にキツイのでアタクシは二度とファイターには出来ませんわよ。
ガゥォークについては1/60同様さっぱり安定しませんのでここだけはドロー。
というか進歩しねーなぁ、おい。写真も撮り忘れてるしー。

でも部分部分ではむしろ1/60よりも安定して変形させられるようなところあって、どうして1/60では採用しなかったんだろうとか思えるところありました。


それにしてもどんなひいき目で見てもこれは完成品トイとしてはきびしい物があります。
当時の技術とマイナーメーカー様だった(失礼)やまとが、よくぞここまで完成品としてYF-19を世に出したもんだという驚きはありますが、YF-19に愛が無ければとてもじゃないけど「これで良し!!」とはいいがたいでしょうねぇ。
アタクシも、もし数年前にプレミア価格で手に入れていたら箱から出したとたんにヒザから崩れていたかもしれません。

だからこそ今この時に出会えたことが一番ベストだったのかもしれません。


今だから言える 「これで良し!!」。

なんちゃってー。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/18-76dc1b6a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。