Entries

石模1ヶ月企画改め「めざせみちもでMK2」その1~「S」の考察

個人的にですが、「ガンダムMK2」というのは現在のMS体系の始祖ではないかと思っています。
大概の場合「MSといえば?」と問われれば、ガンプラモデラーであれば100人中99.8人までが「ザク」と答えるでしょう。
アタクシもそうだとは思いますが、ある意味「ザク」のデザインは古い。
今現役で「これこそがザク」といえる「ザク」というものは、30数年という年月を経て解釈や可動、個々人の思い入れを加味しリファインされたデザインである訳で、ファーストガンダムの設定画や第1話のイメージがそのまま反映されたものではないと思うのです。
これは「ファーストガンダム」に登場する全てのMSに同じことが言えますね。

「ファースト」以降「リアルロボットアニメ」という流れのもと、設定段階での表現は細分化・精密化され設定・劇中・そして模型という3D表現が創作段階から同一方向を向き始めた完成形が「ガンダムMK2」ではないかとキンドー的には思っているのです。
「ガンダムMK2」も登場以降30年が過ぎていますが、旧1/144・1/100・MG・Ver2.0・PGに至るまで多少ボリュームの付き方は変わってもシルエットやディテールはほとんど変わる事無く(こっちもあくまで個人の思い入れ)、デザイン自体も現在のガンダムシリーズと遜色ないとアタクシは密かに思っていたりするのです。
そういう意味での「始祖」。
なんかダラダラと書いてしまいましたが、以外にどんだけ好きなんだMK2。


どうも、流石にアクセルフォームもクロックアップも使えなくなりましたが、どうにか製作し続けておりますキンドー(オフライン)龍騎サバイブでございます。
しかしこのままサバイブだと完成直前に死んじゃうことになるかも知れませんので、その時はナイトサバイブが後を告いでくれることでしょう。
ということで展示会以降の動きをちょいちょい。
完成までが遠足です(バキーッ!!)。

10月24日
MK2 09 600
結局展示会に間に合わず、普通ならここで一気に気が抜けて1~2ヶ月は作業どころか梱包すら解かずに堕落した日々を送るのを常としていましたキンドーでありますが、今回はラベルが違う!!。
さすがにアクセルフォームは解除してしまいましたがポチポチポチポチと作業を続けております。
エ?どこか変わったかって?。

この辺りになると確かにどう進めても、見た目に劇的な変化はなくなってしまいますのでそう思われるのも当たり前。
大きく変わったのは頭が一回り以上小さくなった事と脚全体のラインの修正、製作の都合で削り落としたインナーショルダーの復元、あとはセンサー類を追加したあたりです。
中でもガンダムの頭は難しくて、この状態までに3回くらいかなり大々的に修正を入れました。
特に流行りの前後に長めにしたアレンジっていうのが、ヘタに長いだけだと角度によって異様に頭全体がでかく見えちゃうってのに気づくまで、「いったいナンで?どこがおかしいの?」と首を捻ることボルトの如し。
一端出来上がった物をまた削るっていうのはかなりのストレスが掛かる作業ではありますが、ここでやっとないと後々バルカンポットとか付いたら大変なことになるかもなので大型ヤスリで「ガリーッ!!」っとやっちゃいました。
とりあえず納得出来るかナ?という所まで1週間かかりましたわぁ。

MK2 11 600 MK2 10 600 MK2 12 600
今回のMK2で個人的なテーマとして「古き良きS字体型」を再現すると言うことを考えました。
どこまでこだわるつもりだ80年代。

「S字立ち」っていうのは通称「安彦立ち」を肌で感じたファーストガンダム全盛の世代には、ある意味トラウマというか最近のMSみたいに直立不動で作ろうもんなら「ポージングが固い」と酷評されるくらい世の中みんな「S字立ち」だったのです(決してそんなことは無い)。
ですから一時は模型誌の作例が、全部「S」どころかどう見てもヒザが外れてるような「鳥あし」になってしまったのも今では良い思い出です(だからそんなことは無い)。
ちなみにフィギュアも10年前くらいまでこの傾向がありましたねぇ。

ここからはアタクシの私観なのですがそんな「S字」がなぜ廃れたかと考えますと、「S字はカッコよく見る角度が限定される」と思われるから。
以前ガンプラの改造というと設定画や劇中イメージを再現するボリュームの増減や形状の見直しが一般的で、それらの改造をカッコよく見ようとすると大体「ややあおり気味広角目線」というのが一般的だったのです(それを打ち破ったのがHOW TO BUILD GUNDAM2の1/60ガンダムや1/100ジオング)。
その後ガンプラ制作に「情報量付加」という技法が確立され、その技法をより良く見せることが出来るように「正面ややフカン気味」へとガンプラを見る目線も変わっていきました(設定画自体がパースを付けなくなったのも大きいですね)。
しかしこの「正面ややフカン」というのは「S字」にとって非常に厳しい見方と言えます。
そもそもあおって足元の力強さを強調されて成立する見せ方が、どこから見てもバランスの良い本体に細部表現を見せ場にする見せ方が通用するはずもなく、次第に廃れていったのも無理の無い話かもしれませんね。

前回の「真・100式」や「エプシィ」も、実はこの「S字」というのをかなり意識して作ってはいたのですが、結果としては「PROJECT Z」の作例と同様の失敗をしてたのです(「真・100」についてはボリュームでごまかせていますが)。
これは股関節・ヒザ・足首の付け位置と外周のライン取りばかりを意識しすぎて胴体側の状態にまで気が入ってなかったのが原因でした。
今回のMK2製作はそのリベンジ…と、
08 600
昨年石模で友人M氏が作った…このMK2へのリベンジだったのだ!!

とはいうものの、現在ではガンダムっていうのがヒーロー的主役機という立位置よりUC世紀の兵器体系の一部としての認識が強くなっている以上、必要以上にケレン味を出すというのもおかしいし、なにより「Qメカ」っぽくない。
そういうことを踏まえたキンドー的「トリッキー&クイッキーモデリング」、内容についてはイカ次回…ということで。

10月28日
MK2 17 600
やっぱりバルカンポットと胸ダクトが付くとMK2っぽくなりますねー


余談
明日は郡山RRMの展示会ですねぇ。
見なきゃいいのに参加者のメンバー表なんか見ちゃったりして、なんかまたスゴイ面子が揃ってました。
「EB-110」でエントリーなんかしなくてヨカッタよぉ!!
とはいうものの「誰か連れてってくれなきゃ行かないよ~ん」と強がってはいましたが、やっぱり見に行きたいなぁ~。
晴れたら下道ドライブとしゃれ込もうか…?。

イカ次回
MK2 21 600
これが勝利の鍵だ!!(ちがう)。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/155-049be26a

トラックバック

コメント

[C538]

RRM展示会、下道で是非是非~
自分も今回、下道で行くのです。
そして、温泉に。。
アレ?展示会コメじゃないやww
  • 2014-11-01 08:34
  • 道ネコ
  • URL
  • 編集

[C539]

道ネコ サマ>>
昼間の温泉は、昔湯あたりして大変な思いをしたせいでイカんです。
RRMに行けるかどうかは天気と今飲んでるストロングレフル・ドライの抜け加減次第ですねー(バキーッ!!)。
  • 2014-11-01 22:58
  • キンドー
  • URL
  • 編集

[C540] お疲れさまでした。

こんにちは♪
昨日はお疲れさまでした。
なかなか体調もしんどいようですが、一年ぶりにきんどーさんに会えて嬉しかったです((*´∀`))
来年は完成品を展示して、ぜひとも打ち上げやりましょう♪
  • 2014-11-03 14:29
  • たいすけです。
  • URL
  • 編集

[C541]

たいすけサマ>>
たいすけサマお早いお着きですねー。
今からようやく展示会レポでも書こうとかと思ってた矢先に来られるとは流石行動が早い(笑)。

アタクシも会えて楽しかったですよぅ。
今回は自分の衝動的な行動とそれに伴うイタイ目に感謝ですな。
こちらのブログも復活しましたし、またお会い出来る時までネットでお付き合いくださいませ。
DAITENサマやマーベリックさまにも良しなに。
  • 2014-11-03 22:05
  • キンドー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR