Entries

白黒レポート

ということで白黒両方そろいましたー。

P2180064.jpg


白キュアの方は特に思い入れも何も無いといえばそうなんですけど、やっぱり二人そろってプリキュアってなもんですよ。
最近のやつは平成ライダーみたいにぱかぱか人数が増えたり途中仕様変更があったりするみたいなんで、全部揃えようとするととんでもない散財になりそうなので、その辺だけはラッキーといえばそうかもしれませんねぇ。

可動フィギュアですからホントなら動かして遊ぶのがスジなんでしょうけど、ちょっとだけポーズとらせたりしたら、あとは立たせて置いとくだけなんですね。まぁなんてもったいない。

しかしこれ、フィギュアとしての出来はそれなりだと思うんですけど、仕上げとか可動の確実性、交換パーツの互換性あたりが非常に気になりますな。
黒のほうは黒地にピンクの塗装をしているせいか塗りムラが目立つし、白は白で擦り傷みたいのが結構目立ちます。
そして両方共になぜか肌色部分にヨゴレがあったりして、なんか梱包前にどなたかよからぬ事でもしたんではないのかと勘ぐってしまいますよ。

可動部分は某フィ〇マの劣化コピーみたいな感じで、保持力はそれなりにありますけど本家の比べりゃ月とスッポンみたいなところ。
白のスカートがカタカタするのと両方とも肩のパーツが簡単にすっ飛ぶのはカンベンして欲しいですなぁ。

そしてなによりなのが交換パーツの交換出来なさ加減がなんともはや。
表情パーツを交換するのに「あれ?もしかして接着されちゃってる?」って思わせるくらいに硬い!。
交換するときに首を取り外すみたいなんだけど、これまた硬い!!。手首の交換ダボの細さを見るに付け、首折れちゃうんじゃないのと思ったらビクビクもんですよ。もう顔の交換なんて出来ませんわ。
あとで他の方のレビューを覗いたら、このシリーズの通常仕様みたいですな。

さらに続いて、ベースの不安定さ。フィギュアに接続ダボを打ちたくないっていうのは判りますが、胴体をはさむ爪パーツはぽろぽろ取れるしアームはダボがゆるいからスポスポ抜ける。
アームの関節の可動域とアームの長さが中途半端でベースに足着けるのにも一苦労。
ベースがハート型で凝ってはいるんですけど、アームがじゃまして二人合わせて並べヅラーいっ!!。

ホント、フィギュア自体の出来がいいだけにザンネンですわ。

フィギュアオタクの大きなお友達用じゃないからこれでいいのかも知れませんが、どっちかっていうとこの辺に支障があるっていうのは小さいお友達に優しくないんじゃないかなぁと思います。

SHフィギュアーツは今回初めて買いましたが、初めて買ったものが印象良く無いと「次ぎ行って見ようかー」って気が無くなりますよねぇ。
以前買った「超合金メサイア」のときも思ったんですけど、バン〇イさんは最近己の技術力に過信しすぎているんじゃないかなぁ。
オモチャの基本は堅牢な作りと確実なアクション性だと個人的には思うんですけど、メサイアの肩がちょっとするとプラプラになったり腰の接続がパタパタだったりでザンネンだったもんね。あれも。
あ、最近のユーザーは「手に持ってギューン」とかでは遊ばんかー。



でもホビー関係の最大手が中堅・零細に追い抜かれどうすんだーとか、ちょっと思っちゃいますね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moezoukei.blog129.fc2.com/tb.php/10-6850b049

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR