FC2ブログ

Latest Entries

ようやく心の閊えがとれました 「MG F2ザク」

少々間が空いてしまいました。
とはいえ先月までの1年放置に比べればどうと言うほどのものでは無い訳でありまして(バキーッ!!)。
前回の更新後ちょっと体調を崩しまして、というとまたなんぞ良くない事象かとか勘違いされてしまいそうですが、簡単に言って夏風邪をひいてしまっただけなんですけどね。
この1年くらいどうにも心身ともに弱ったらしくなっちゃったみたいで、昨年末から十数年ぶりにインフルにかかったのをかわきりに細菌性の胃腸炎で1週間トイレと友達だったりしょっちゅう風邪ひいて声がダンシンオールナイだったりと、こういうときは体のどこかに大きな病が進行中とかの可能性もあるので怖いなぁとか思うんですが、先日受けた成人病検診では下の血圧が若干高いのと善玉コレステロールがやはり若干低い程度という中々に好成績をはじき出してるんですよ、中性脂肪なんかほぼ平均値のどまんなかってんだから訳わかんないって悪いよりは断然いいんですけどね。
まぁ胴回りのサイズだけはGパンのボタンをはじき出す勢いだったんですがー( /ω)。
とはいうものの、成人病検診とはいえ基本大した内容ではないのでやっぱり気をつけるに越したことはありませんねぇ、あと〇年で還(ピーーーッ!!)だからなぁ。
という感じで微熱も若干とれぬなかなんとか更新しなきゃとか思っていたらこの急すぎる夏本番のとにかく暑っついこと、そりゃまぁブログの更新も途絶えるってモノでありますよ。


どうも、先日髪を切ったらマジでキンドーさんみたいになってしまったキンドーでございます。
41203a7cdebc4fc44191822e55bacdce.jpgこんな感じ(゚∀゚) 画像Web転載
この生活が始まって以来あまり外見にどうこういうのが無くなってしまい、実用本位で床屋に行く度髪の毛がどんどん短くなってったのですが、今回はもう行くところまで行ってしまおうかとか考えたんですけど妹から「そんなテキ屋もどきとは縁切り」とまで言われてしまい、まぁ確かにアレは維持管理が大変らしいからなぁ・・・ということで左右後を高校生以来のバリカンがけ程度に留めました。
テリー・サバラスは日に2回剃り上げてたそうですねぇ。

ということで模型ですが、多分今回で今年の完成ネタは終わりだと思います・・・って早やっ!!。
まぁ今んトコ全く全然ズルっとゴリっとエブリシングやる気が起きないのでしょうがないですよねぇ、ということで(しつこい)MG F2ザクであります。
F2ザク 01 600

F2ザク 02 600

F2ザク 12 600
ザクですよザク、キンドーはキャラクターモデラー界隈では言わずと知れた「ザク?なにそれ美味しいの?」派閥の人なのです。
好きとか嫌い以前に興味が無い・・・いやいや、人の作ったザクを観るのは好きだし「すごいなぁ~(゚д゚)」って思えるんですけど自分が作るとなると????って感じになっちゃって、今まで作ったというか買ったのがそもそも旧1/144と旧1/100シャア専各1個だけ、1/144は削り跡バリバリの部分筆塗りで1/100にいたっては当時HJ誌川口氏作例真似しようとして股関節切り飛ばした段階でアウトという始末、んでそれ以来なんとなく疎遠になっていた訳ですよ(もう40年も前なんだね、すげぇ)。
そんなこんなでまともに作ったことが無かったザクですが、今回ガンダムを作るにあたり「この機を逃すまい!!」と思ってヨドバシポイントを駆使して購入を決意、キット新品で買うの何時以来だろう?。
なんでF2かというとまぁ単純にカトキつながりというのとなんとなくパーツが少なそうだったから・・・、という軽はずみな気持ちが後々ひどい苦労となって帰ってくるとは夢にも思いませんでした。

F2ザク 06 600 F2ザク 07 600

F2ザク 08 600 F2ザク 03 600
ガンダムと合わせるために1.5cmほど延長したんですが工作期間が1週間ほどしか無かったので腹部・股関節・足首と簡単そうなトコだけ弓ノコ(!!??)でブッた切って延長したんですけどそんなに違和感は無い・・・と思いたいです。
ただ、足首延長に伴い裾のすき間埋めの為に足の甲を若干かさ増したんですが、みちもででVer2.0と比較したら「2.0足小っちぇー!?」とビックリ!!、いやぁ普通のザクの足って想像以上に小さいんですねぇ。
後は上腕・スカート・フンドシ・胸の張り出し・ヒザなんかを少しづついぢってますが、まぁこちらは誤差の範囲内って感じであります。

ガラパ 10 600 グシオン05 600

グレイズ14 600 F2ザク 09 600
という感じで今回は特筆して書くこともないんですけど、なんとか捻り出すなら本体の緑色ですかね、上の画像の今までキンドーが作った緑色系の作品・・・実は全部おんなじ色で塗っているんです。
明るい色がクレオスの「明灰緑色」・暗い色が同「グリーンFS34092」の2色だけ、後は下地の色を茶系や黒サフ・グレーサフやジャーマングレーと替えてみたり2色の重ね吹きの回数を変えたりコッテリ吹いたりシャビシャビに吹いたりウエザリングマスターぎっちり擦り込んだりスモークグレーで強弱つけたりって、今回はちょうどサフが途中で切れちゃったもんで装甲の大半はベージュの地色に直接吹いているんでちょっとだけ黄色みがかった感じになってたりするんですよ。
キンドーの色に対するこだわりが少ないっていうのが大きいかも知れませんが、少ない色数でもいろんな表現が出来るもんなんだなぁと改めて感じました。
まぁ今回で全部使い切っちゃったんで次もこの色使うかは判んないんですけどね

それとこれはあんまり言いたくないんですけどね・・・、緑の色合いがどうのこうのはとりあえず置いといてこの配色、実は普通のノーマルザクのつもりで塗ったんですよ。
いやね?買ったキットがベージュ色の「連邦カラー」というやつで、まぁ単純に濃紺のトコを暗い緑・ベージュのトコを明るい緑にすりゃいんでしょ?とか思ったんですよ。
ザク色画像Web転載
全然違うじゃなイカっっっ!?Σ(゚□゚*)。
百歩譲って興味が無かったからってのは判りますよ?でもやっぱりザクですからね?キャラクターモデル10数年やっててその言い訳は通らないと思うんですよ?動力パイプがグレーなのはまぁまだ良いでしょう(良くは無いよ?)、でも胴体周りはどうにも言い訳の効く範疇を超えてますよ?コレが冗談だったらどんなに良かったか・・・( ノД`)。

F2ザク 09 600

F2ザク 10 600
という感じのしくぢり先生だったキンドーなのですが、気付いたのがみちもで3週間前だったのでやり直そうとすれば出来たんですよ、でもそれを阻む前述の「ひどい苦労」が・・・、それは!?。
そうです、ただでさえ塗装が嫌いなキンドーが死ぬほど苦労したあの・・・もう皆さんはお気づきでしょう、そう「動力パイプ」の処理&塗装&組み付けです。
ナニあの節1個1個バラっバラな上に形状がちょっとづつ違うとか!!どうやって塗装すりゃいいの!?、おまけに組もうものならポリ部品の止め部分が小さくてちょっと手をすべらしゃバラっバラに逆戻りで泣きながらパーツを選り分けなきゃなんないとか、もうなんの苦行だよ!?。
ということでリペイント以前に二度とMGなんか作るかーっ!!って、いや結構マジで思ってます。

後日談ですが、みちもででハイド君にこのこと話したら「パイプは何か細い棒に通して加工すると簡単ですヨ?」・・・・・・・・・Σ(゚Θ゚) !?、お忘れの方もいらっしゃると思いますがキンドーは2013年オラザク「ガンプラLOVE」部門で銀賞をいただいてお(バキーッ!!)。

F2ザク 11 600

F2ザク 05 600
MGですから普通に可動しますってあたりまえだ、でもすぐスレて剥がれるんでマッキー(緑)でリタッチ(マッキーでリタッチとは言わないよ普通)の嵐です。


ということでMG F2ザクでした。
まぁなんですね、1/144の旧キットが発売されてから数十年ですが、キャラクターモデラーの皆サマのいろんな作品がそれこそ星の数ほど存在し、もうキンドーがどうあがこうが作ろうが敵うものではないということでホントに普通に作らせてもらいました。
でもこうしてガンダム・ザクと一緒に並べると高校自分のそれこそなーんにも考えずにボンドでネッパして(※多分当時の方言 意味:接着して)美術の授業で使ったバッサバサな筆でベッタベタ塗ってた頃を懐かしく感じますね。
まぁ筆がバッサバサなのは今も変わりありませんけど

でも当時某小田雅弘御大がザクをして「アニメキャラ初の量産兵器!!」とか言ってましたけど、キンドー的には「「キャシャーン」の爪ロボが最初だろーっ!!」と・・・昔の厨二発言も懐かしいですね!!(゚∀゚)。


ということでイカ次回「ブログ復活週間 総括編」

「初めてなの、やさしくしてネ(#^.^#)」のMG RX-78Ver,ka

キンドーの部屋のテレビはおどろくなかれ30インチのブラウン管であります。
別に画質にこだわりがあるとかレトロ趣味があるとか世の不公平感に対抗してとかいう(?)主義主張がある訳でなくて単に壊れてなくてデジタルチューナータダで貰えたから使ってただけの話なんです。

が!?(゚д゚)。

とうとう3ヶ月位前にウンともスンとも言わなくなりまして、現在部屋にいるときはNO TV状態であります。
とはいってもそれでどうしたといいますか意外に無ければ無いで済んじゃってるんですよね、そもそもキンドーは一人でいる時はテレビをほとんど観ない人だし最近映画(DVD)の新作とかも面白いのが全然なさそうだしアニメは大概違法アップ・・・ゲフンゲフンだしって事で本来ならTSUTAYAの誘惑にも晒されない静かな部屋で模型三昧・・・ってな感じだったらどんなに良い事だっただろう・・・、そういうときに限って全然作る気なんか起こんない訳ですよ、世の中上手い事出来てるなぁ。
とか言ってたら近所のTSUTAYAが今月いっぱいで閉まっちゃうらしくて、ここに越してきて10数年ですが散々お世話になっただけに感慨深いものがありますねぇ、やっぱり世の中上手くいかないこともあるなぁ。


どうも、今回の製作中にものすご~く久しぶりに「めぐりあい宇宙」を見たんですがBGMが劇場公開時とすっかり変わっちゃっててガックリきたキンドーでございます。
件の白鳥のシーンとかエンディングあたりの一連とか、某富野監督再編集の「完全版」とかのふれこみらしいけどキンドーにしたら改悪もいいとこですよぅ、もうファーストガンダムは一生観る機会は無さそうです。
はっ!?そういえば「ガンダムさん」だけは毎月欠かしたコトないなぁ・・・立ち読みだけどアレって何年続いてるんですかね?、ってそんなんだからTSUTAYA無くなっちゃうんだろーが!!(バキーッ!!)。


ということで模型ですが今週はなんと「MG RX-78ガンダムVer,ka」であります。
いやもう1/100(当然それ以上も)RX-78なんて買うのも作るのも初めてですよ!!、なんかワクワクしますね!!(^∇^)。
ガンダムVerKa 21 600

ガンダムVerKa 04 600

ガンダムVerKa 05 600
ガンダム40周年(らしいですね)ということで前回のみちもでコンペ用に製作いたしました。
しかしコレ、作り始めたのが今年1月・・・そう!あの地獄の蓋が開いてしまった1月なんですよ!?、いやよく作ったなと我ながら当時の精神構造がいったいどうなっていたのか首をかしげるしかありません。
現実逃避にも程がありますよね、趣味でもそれがストレスになるならお休みした方がいいとか言われていたんですけど。

ガンダムVerKa 07 600 ガンダムVerKa 10 600

ガンダムVerKa 02 600 ガンダムVerKa 09 600
当初からネタ決めは某ノ〇ヤの初売りねらいだったのですが、そんなときに限って「今年はガンプラ半額はナシよ」なんて、おいおいそりゃあんまりなんじゃないイカ!?って事で急きょ近くの某HOBBY OFFの新春10%OFFに。
そこで見つけた「3.0 ¥3.000」と「オリジン ¥3.000」と「GP01 ¥1.700」とこの「Ka ¥1.700」(ここから更に各10%off)、んでどれにするかでガンダムといえばRRMのたみーさんとみちもでハイドくんの両巨頭にアドバイスをもらった所やはり手堅く「3.0」か「オリジン」が優勢だったのですが、翌日なぜか特価品コーナーに「Ka 難有り¥1.000-10%off」があったので・・・という相変わらずオチもネタもモデラーとしてのプライドも品格すら無いスタートだったのであります。
まぁ、最新の検証と技術のMGってのも体験してみたかったってのも多少ありましたけどね、キンドーごときにそんな高級キット勿体ないですもんねぇ。

正面比較画像Web転載
結果にコミット前・後、画像はほぼ同寸で頭頂2cm弱伸びてますが、こうしてみるとストレート組みの力強さの方が個性が出ててカッコいいなぁと思っちゃうなぁ。
件の「Ver,Ka」らしらよりも「Ver2.0」みたいなTVっぽいガンダムにしようと考えたんですけど、1年戦争モノはあんまり深く掘り下げたことがなかったせいか中途半端感が・・・、まぁとりあえず全編にわたって切った張ったをしておりますが(今回は盛った削ったはあんまりしてません)、製作途中の画像が一切ございませんので制作方法につきましては割愛と、巷ではデフォルト加工と噂されてるGMカスタムとかなんだとかの2個イチとか流用とかの模型ブルジョアな手法は一切採ってませんよ?とだけは強く書いておきましょう。

ガンダムVerKa 15 600

ガンダムVerKa 13 600
とはいうもの二週続けて「製作は割愛」もなんなので憶えてる程度に修正箇所を書いてみますと・・・、足削りこんで小型化、スネ・太もも延長、腰装甲前後左右全て大型化、胸部前後左右に3mm弱づつ小型化、合わせる様に腹部も小型化&延長、上半身に合わせて上腕・下腕共に延長、襟ぐり掘りこみ&顔面小型化・・・くらいでしょうか?、延長部分はエバグリの端材を使ったのと「とある事情」でどの位延長したのか全然判んないから書けません・・・、まぁ頭身の差を参考にしてネ
塗装は残ってたそれっぽい白・青・赤・黄を適当に濃淡塗重ねただけですのでそれこそマネしないように。
コーションデカールは・・・買うの渋って残りものを貼っただけだよぅ( ノД`)。

ガンダムVerKa 19 600 ガンダムVerKa 20 600
一応可動はそのまま、コアファイターギミックはウエストが結果にコミットしてしまい入れられなくなりましたが一応A・Bパーツには分れます(意味無し、バキーッ!!)。
それと今回初めて「エナメル塗料によるパーツ割れ」というのを体験しました、サーベルラックやヒジヒザの〇ねじパーツが次々割れまくり、最初スミ入れ中に変なスジが入るなぁとか思ってたら簡単にパキーッと割れてるんですね。
これなんですかね?袋はずされて半分バラけてた中古品だから劣化していたんでしょうか?それともキンドーがダバダバ(×2)ウォッシングよろしくスミ入れまくったせいでしょうか?(多分後者)。
余談ですが前回のレディウスでも羽根付け根のABSパーツがペイントリムーバーでボロボロに崩れたという事象も発生いたしまして、こちらも中古でパーツに何かしらの油分が塗布されていましたので一概には言えませんが、ペイントーリムーバーへのドブ漬けはご注意した方よいかと思う次第であります(それが原因なんじゃネ?)。


という感じで当時の状況が状況だったので2週間少々しか手を入れる精神的余裕が無かったせいか特に面白みもスジ彫りもエロデカールも無い出来になってしまいましたが、RX-78は旧1/144を高校の頃に1個と2011年に1個しか作ったことが無かったからキンドー的にはとても新鮮でした。
このままだと多分一生作らなかったカモですから今回のコンペは非常にありがたかったのですが、なんとなーく消化不良感もあるわけで、今度は50周年の時にでも再トライしてみたいですね!Σ(゚д゚|||)。


あ、そうそう、手足の延長作業とかパーツを切断する時はたとえ手元にピラニアソーとかエッチングソーが無くっても、こんなのでぶった切ろうとは絶対思わないこと!!。
4582319171023.jpg「弓ノコ」画像Web転載
絶対真似しないよーに!!、後々大変な事になりますよーって・・・コレが「とある事情」だったのか!?(バキーッ!!)。


というこでイカ次週
F2ザク 10-2 600
ま?まさかコレはっ!?。

80年代OVAこそある意味「魔境」といえる魔境外伝レディウス

前回「内容ヘビーすぎ」とのお叱り(ちがう)を受けましたので今回は軽い書き出しに内容変更してみました。

アナローグエーポパテモデラーハー
チョットヤソットノコトナンテー キーニスルコトハーナインダゾー
ソォダナー チョォドーキンドーミータイニー
スジボリヨレテモキーニシナイー
ヤスリアトガアッテモキーニシナイー
サユウガアッテナクテモキーニシナイー
ケズリワスレテテモキーニシナイー
ナーニガアッテモキーニシッナッイー!

マダマダ、アルゾーッ!
パーツノツクリワスレナンテキーニシナイー
サイゴニアマッテテモキーニシナイー
ズレテセッチャクシテモキーニシナイー
ツッコマレテモ「仕様です」デキーニシナイー

モウイッチョ!
ザツダノアライダーノカワ〇チメイジンガイッテモキニシナイー
「デジタルゾウケイノホウガゼッタイキレイニナルトオモウ」ッテイウアサ(ピーーーーッ!!)ガイッテモキニシナイー
ナニヨリ!イイトシシテカエウタアルアルトカ、コレミテルヒトガヒイテモ、キーニシナイーーーッ!!!
ダケド、マジニトルノダケハカンベンナ・・・ナァァァァァァァァッ!!!!
You Tubeより(動画ツールというのを使ってみました。)
元歌 ストライクウィッチーズ2・ストライクウィッチーズ「501小隊発進します!」より「器の大きなひとの唄」

※聞くところによると歌い手であるエイラ嬢のセリフは半角カナ表記がそのスジの一般常識ということですので、読みづらい点はご容赦ください。
読まんかー、だれも(バキーッ!!)。


どうも、いよいよ何かと相変わらず末期なキンドーでございます。
頭軽すぎますかそうですか。

きましたねー久々にビッグウェィブでありますよ、いやぁエイラ嬢不憫カワいいですねぇ(^∇^)。
個人的にストパンは当時石模に席を置いていた事もあって(!?)一応チェックしてはいましたが、「パンツじゃないから恥かしくない!?恥かしいわ!!」的なあざとさがキンドーのハートに刺さる事はなかったのですが、最近放送されたパラパラスピンオフアニメ「501部隊発進します!」ですっかりその魅力にハマってしまいました。
あの本編がこのスピンオフの為の壮大な前フリだったとは・・・島田〇ミカネ侮りがたし(バキーッ!!)。
その「501部隊・・・」の劇中で使われたアドリブっぽい歌が上記の常軌を逸した替え歌の元なんですが、まさか本編はもとより1曲まるまるあったとは・・・チューブ投稿が7年も前なので単にキンドーが存在を知らなかっただけなんですけど上記の所業を思えば知らなかった方がよかった気もしない事も無い事も無く。
とにかくこのあと紹介するような造型を目指したいという方には「必聴」の内容となっておりますので上記アドレスより是非!!(是非とかいってんじゃネーわ!!)。


前フリが長くなってしまいましたのでサクッと模型です。
今回ご紹介の一品はまだキンドーが刻の涙すら見ることすらかなわぬ昨年9月頃にでっちあげた作品でありまして、当時は2時間置きに30分拘束という車で15分のヨドバシが唯一の遠出先・・・( ノД`)なんて状況下、ならば持て余した時間でパテ削り放題・・・とはやっぱりイカないんですよねぇ、集中力とかテンションとか主に精神面で。
しかしまぁ毎日部屋でボヘェ~
hqdefault_20190701163711375.jpg(ちがうっ!!)画像Web転載
っとしてるのもなんだかなぁというかそれこそ巷で話題のヒッキーみたいなものじゃなイカ?と思うに至り、いつぞや購入した中古バーナビーをボソボソいぢり始めたという次第。
決して当時某HJ誌でやってた「ロボットキャラクター大会」に嫉妬した訳じゃないんだからね!!。
ダンガイオーフルアクションにしときゃ10万円貰えたかも知れん・・・、だから賞金で判断するなよぅ(`ω´*)。
いや、あのスパロボ愛トップアスリートの面々相手じゃ無理だとわかってても夢くらい見たいじゃありませんかぁ。

ということで、今回は「魔境外伝レディウス」から主役メカのレディウスをお届けいたします。
レディウス 01 600

レディウス 04 600

レディウス 03 600
・・・・・・「!!??」。
まぁそうですよね、いきなりレディウスとか言われても若いモデラーさんの9割9分2厘の皆様は何のことか判らないと思いますし、キンドーと同世代のモデラーというか元アニメ好きでも9割3分の方が忘れようとしても思い出せない様な、超が5つくらい付きそうなマイナーOVA作品な訳ですよ。
逆に憶えてたりすると、それはそれで忘れたい過去をほじくりかえされそうなトコがまた怖い訳であります。
本編解説はウィキペディアがありましたので(あるのか)そちらか、某チューブで本編UPされてましたので自己判断で検索してみてください。

レディウス 06 600 レディウス 08-1 600

レディウス 07 600 レディウス 08-2 600
んで、検索してみた方の8割9分の方は「なんでまたこんなもんを作ってんの?」とか思われる訳ですが、前作ダンガイオーを作るにあたり画像検索で資料集めをしていると、雰囲気が似てるのかちょいちょいヒットしてきたんですよ。
それ見て「なんかカッコいんじゃネ?」とは思ってはいたんですが、調べてみたら80年代当時一部の好事家の間で有名な某月刊誌「レ〇ンピープル」で名を馳せていたなかなかに過激表現な漫画家さんである「阿乱 霊」氏がキャラクター原案をやっていらっしゃるという事を知りまして、これはキンドーが作るにピッタリなんじゃなイカ?ということで製作する事にいたしました。
ということは、その辺の諸事情を知っていたキンドーもその好事家の一人・・・では断じてない・・・はず?。
20170717122302.jpg画像WRB転載
意味判りませんかそうですか、それでいいんですよぅ。

レディウス 09 600

レディウス 10 600
とりあえず制作方法ですが、ダンガイオーと同じというかほぼほぼいつもどおりじゃなイカぁという事なので割愛(毎度の事ながらひでぇ)、固定パーツを外せば各関節可動はするもののエポによる体重増でぐっだぐだであります。
一応正面のキャラシートらしき画像はありましたが、1/60の胴体に1/144の頭を乗せたみたいにパースがかかってるおかげで各部形状以外のバランスはバーナビー基準、資料としては一番信用出来ない本編動画からしか判別出来ない背面は雰囲気だけ似せればいいかぁという感じで製作しております。
羽は本来バックパック(らしき)部分から直で生えてるんですが、GMⅡ作ったストフリの羽がまるまんま残ってたのを流用して「もうとりあえず付いてりゃいいかぁ」って感じでひとつ。

レディウス 13-1 600 レディウス 15 600
ダンガイオーとの差別化のつもりでスジ彫り&ディテールを追加してみましたが、おかげで魔境っぽさがかなり抜けてしまいました。
というか途中まで「魔境とはなんぞや!?」とかずいぶん悩んだんですけどねぇ、てか物語の始まりが田舎でクライマックスで石造りの神殿とか出てくりゃなんでも魔境にしてんじゃねーわ!、そもそも「外伝」ってなによ!?どっかに本伝でもあるの!?(怒゚Д゚)ノ。
・・・すみませんとりみだしました。

レディウス 14 600 レディウス 13-2 600
左右で形状のちがう腕、左の楕円半球状のパーツはホントなら正円が正しいんですが言われても誰も判んないですよね。

レディウス 16 600 レディウス 17 600
踵のヒール化は思惟的なアレンジ、大腿部付け根もディテールが・・・以下略、ふくらはぎからスネにかけての後面はホントならガンダムみたいになってるのですが、キャラシートでは側面が別パーツになってるみたいに読み取れるんですよ、とにかく今回は完全にリサーチ不足だった事は否めないのであります、というかリサーチしても大した資料が揃わなかった訳ですけどね!?。
腰アーマーはなんと原型が旧キットの1/100ギャンだったする訳で、判っかるっかなぁ~?判っかんねぇだろうなぁ~(゚∀゚)、作ったキンドーも判っかんないからなぁ~(バキーッ!!)。

可動
レディウス 18 600
この辺のロックパーツをはずしますと・・・、
レディウス 23 600 レディウス 21 600

レディウス 20 600
こんな感じで可動します・・・が!?、前述の通り重さでヘタリまくりだわフライング用のベース取り付けの方法を考えるのを忘れてたわでこんな中途半端な結果に(つД`)ノ。
やっぱり慣れない事はしない方がいいかなぁと思いますねぇ。
余談ですが、カラーリングに関しましてキンドーがネットで拾った資料が全然色が違ってまして、本編見直しゃよかったのにサボったもんだからとにかく全然違います。
ブルーグレーの部分がただのグレーなのが正しいんですけど、ぶっちゃけ地味だったのでこの位のほうがキャラ立ちしていいかなぁ・・・なんて。

レディウス 31 600
二人はプリキュアっ!!(バキーッ!!)。
骨っぽくてメカメカしいダンガイオーと肉感的でムッチムチなレディウス、当時の大張正己VS佐野浩敏・葦プロVSカナメの代理戦争とでいいましょうか、おなじ金田流の影響を受けたロボットをまさかこうして作ることになるとは・・・感慨深いでありますねぇ。

レディウス 29 600
ということでレディウスでした。
作ってる途中は見せた人の9割9部9厘が「?????」という反応しかなくて(RRMのM,sさんが「こんなの知らな~い」って言ったときはヒザから崩れかけました。イヤマジデ(゚д゚))、キンドー自身も「なんでこんなの作っちゃったかなぁ?」と今だに判んないんですが、唯一mixi上でさる氏とRRM展示会でFAN氏というスパロボLOVEモデラーさんが反応してくれたのが救いでありました。
この場を借りて御礼申し上げますと共に、こんなんなってゴメーン(バキーッ!!)。


イカ次週、祝!40周年!!
ガンダムVerKa 15 2 600

ほぼほぼ1年のご無沙汰でありますのスコープドッグ

まぁまたしても間が空いてしまいました・・・という始まりもすでに平成から令和に代わってすらいる今日この頃、言い訳すら出来ないほど月日は移り変わるもの・・・。
1年ですよ1年、まさかもう復活するなんてこた無いだろうと思ってたアナタ、忘れた頃に後から這いよる混沌なのが当ブログであります。

とはいえ、今さら1年お休みしたところで懐かしのHP「自己満造型処」時代にはこんな程度しょっちゅうあった訳で、1年どころか2~3年放置しても誰からも心配されない超辺境ブログでありますから問題なんぞ無問題・・・だから今さら復活した所で誰も見てくれなくても寂しくなんかないんだからねっ!!(つД`)ノ。
ですがまぁなんとなく続けてる某mixi以外に生存報告できる場所がここしか無い訳でありまして、キンドーの友人知人で偶然にもコレ読んだ方がいらっしゃれば「なんか久々更新してるみたいよ?」とか隣り近所に拡散していただければありがたく。
でも縁もゆかりも無いリアル近隣住民の方に怪文書で拡散するのはご迷惑になりますので。

とりあえず前回更新からナニやってたんだかという話なのですが、8月頃にみちもでメンバーとの連絡網構築の為にPC LINEを導入したらPCの文字入力やら範囲指定の誤作動等トラブルが続出し、文章作成が出来なくなったのが始まり。
結局LINE切ってイロイロ設定とかやりなおしたら戻りはしたものの、9月頃に父親の介護レベルが支援2から介護4といきなり5段階ランクアップしたとか、どこのランキング戦に出場したんだろうかと思わないでもない事態になり生活全体がサンドバック状態に。
そして年明け早々親戚の金銭トラブルがウチにも飛び火し、それが実は父親の過去の不始末が原因の一端を握っているとかだったのですが、事ここに来てトラブルのメインキャストが全員(程度の差はあれ)認知状態というもうどうすればいいの?( ゚Д゚)とも言っていられないまま裁判沙汰の一歩手前になって左顔面麻痺&母親が処方されてた某安定薬を衝動的に多量摂取などしてしまい洒落では済まない事態に(いや、別に〇ぬつもりは無かったんですヨ?)。
だがしかしさすがにマズいんじゃなイカ?と心療内科のご厄介になったのが1月、カウンセリングを受けた結果が軽~中度のウツと診断され半年を目処とした治療にいそしんでいる以外はまぁ大した事はしていなかった訳であります(十分大した事だよ!!、と話した人には大概怒られましたが)。
これ以外にも救急搬送沙汰やら深夜の月一夜間診療ご訪問やらもろもろもろもろドクターモローとありまして(バキーッ!!)、トラブル開始当初1ヶ月で10Kg落ちた体重がさらなるストレスでいきなり〇Kgリバーンしたりタバコの本数が日2箱も目の前という、禁煙学会やら結果にコミットやらなにかと窮屈になってきている世の中に敢然と立ち向かう日々であります。
いいんだか悪いんだか(あきらかによくは無いよねぇ)。


どうも、なんとか1年放置した言い訳をしようと試みたものの思うように事は運ばない今日この頃を過ごしておりますキンドーでございます。

という感じでイロイロあったり無かったりした訳ですが、その中でもとりわけ衝撃だったのが、昨年郡山遠征の道中、同行したみちもでメンバーのずんだクンから「キンドーさんのブログのMK2の記事がhttp://moezoukei.blog129.fc2.com/blog-entry-163.html外国語のサイトにまるっと翻訳してコピペされてましたよ」なんてことを聞きまして。
cb36bba539d9deda8408dc15fdf99b9.jpg画像Web転載
!!?? いやもうどういうつもりかと。
なんか海外の模型サイトだったみたいですが、ずんだクンが翻訳かけてみたらいきなり「祝!!てーきゅう4期!!」とか出てきたみたいで、どこのお国かは判りませんがお願いだから「ジャパニーズモデラーはバカばっかりだ!!ha!ha!ha!!」とか思わないで欲しいなぁ。
当ブログはモデラーブログ最下層であります。
えっ?この期に及んでコレが一番の衝撃だったの!?(どうしてもネタで使いたかったかららしい)。


ということで模型ですが(それでもやってたのか)、前もって言っときますとコレより先はAT道初級~中級以上、特に段持ち(!?)の方はお読みにならないほうが賢明です。
それでは1年ぶりの本編、いってみよ!!。
スコープドッグ 01 600

スコープドッグ 02 600

スコープドッグ 03 600
毎度おなじみ「装甲騎兵ボトムズ ケース・アービン」から「劇中ドナとイシュルーナが搭乗してたっぽいスコープドッグ」であります。
劇中ではほとんどチョイ役でしたので普通にスコープドッグなだけとも言えますが。

スコープドッグ 07 600 スコープドッグ 08 600

スコープドッグ 09 600 スコープドッグ 10 600

1年前にも書きましたとおり旧キットの「1/48SPTレイズナーシリーズ・ブルグレン」からの改造ということで、キンドー的には「ボトムズ=レイズナー」という法則の証明編(無理やりにも程がある)とも言えます。
そもそもここまで作る必然性はキンドー的に感じ得なかったのですが、前2作時に関係各所から「マダコの一つも作らずAT道とか(*^pq^)クスクス」とか「本道逸れてネタに走ってんじゃねーよ(怒゚Д゚)ノ」とか「ボトムズは一見さんお断りなんですけどぉ~」とかえらい言われようでありまして( /ω)。
そもそもがキンドーのボトムズに対する熱の足りなさ加減に起因する事とはいえ、このままでは関係各方面に申し訳ないということで製作に至りました。

スコープドッグ 11-1 600

スコープドッグ 12 600
しか~し!!、いざ作ろうと思ってもそこに立ちはだかる問題が!?。
いやなんだ、ATのキットって総じてお高いじゃないですかぁ、最近のパチ組みドンと来い的優良キットの某ウェーブや大きなバンダイ製はもとより旧タカラやその他もろもろの旧キットもプレミア価格が手が出せない状態でありまして、大体誰もが素組みでかっこいいモノになるというボトムズプラキットをキンドーがストレート組みしても一銭五厘の価値も無いモノが出来上がってしまうのは必定なのですよぅ。
ということで今回もお安く手に入れたブルグレンを芯に某ヴィルヴァインから続く「どうしてこうなった!?」シリーズの一環ということで・・・、まぁこんな感じに仕上がりました。

スコープドッグ 13 600
全体のバランスはベースキットのブルグレンを踏襲していますので若干脚がオーバースケール気味だと思いますが、リブート仕様と言ってしまえば劇中の作画はこんな感じもしないこともなかったのでセーフであります。
コクピットブロックの大きさをラピッドドッグから算出した(いや?計算はしてませんよ?)ため既存のプラキットのどれより小さくなったというのもありますが。
スコープドッグ 16 600
製作にあたり多くのキットやTOYの画像を拝見したんですが、総じてどれもカッコ良いのに正面画像を並べて見比べるとどれ一つとして似ていない!?。
どのキット(TOY)もミリ単位でなんらかのアレンジがされてて単純に「この部分はコレを参考に・・・」とか出来ないという、各設計士のこだわりといいますかAT愛の業の深さというか地獄の深淵を覗いた気がいたします。
ということで物事総じて薄っぺらいキンドー的には各部の形状やディテールは「もーこんな感じでいんじゃネ?」程度のレベルですので、くれぐれもその辺ツッこまないように。
スコープドッグ 14 600
ブルグレンのイメージが一番色濃く出ている(はず)の脚部、見えませんかそうですか。
ふくらはぎの形状は既存で近いキット(&TOY)もありましたが多分間違ってる、それもこれも全部ブルグレンが悪い(訳ではないよ)。
カラーは劇中では暗めの赤か紫っぽかったんですが、それだとブラッディとカブってしまうのでエロMK2の紫を使ってみたらなんとメルキア正規軍仕様っぽくなっちゃって良かったんだか悪かったんだか、まぁイシュルーナさん当時はお金持ちだったから正規品くらいコレクション出来たんでしょうね?。
スコープドッグ 21 600
3年かかってようやく3機そろいました!!。
サイズはスコープドッグがザ・ダークと比較して7mmほど小さい感じで上手い事まとまりました。
当初ブラッディの単体企画で始まったケース・アービンシリーズですが、年追うごとに目が悪くなって細部や仕上げが酷くなっていくのが如実に判っちゃうのが辛いなぁ、もう「パテは心眼で削るんだ!?」とか言ってる場合じゃないですねぇ。
CRBA1ndUYAEMPph.jpg「心眼」画像Web転載
・・・・。

スコープドッグ 20 600
ということで1年ぶりの更新いかがだったでしょうか?。
1年ぶりとはいっても製作自体は1年以上前に終わってた訳ですから今みるともうなんか・・・って感じで恥ずかしい出来なのですが、まぁこれもいわゆる一つの歴史ですからね、もう1~2年すれば1週回って「よく作ったんじゃネ?」とか思える日が来るかも知れませんねぇ、ええ。

といういい感じでイカ次週・・・予告!!
レディウス 30 600
矢尾一樹口調で・・・「やってやるぜーっ!!」(バキーッ!!)

室温37度で書く(゚д゚) ビッグサンダー展示会レポ

あっづ~~~(*`皿´*)ノ!!
書き始めた現在PM3:00、なんでしょうかね?この地獄の様な暑さは。
とはいえ我が家限定イベントという話じゃなくて、全国津々浦々こんな状態なのでブログで文句言ってもしょうがない話ではありますが、ただでさえ鬱陶しいというか一歩間違えば死ぬかも知んないとまで言われる猛暑っぷりな訳でありまして、それに加えて件のイロイロが重なってしまい、ここ数日は精神的にキレッキレな日常が続いております。
ただ先日の豪雨災害で被災された方々からすれば、「この程度で文句言ってんじゃねーYo!!」とかチコちゃんよろしく怒られてしまいそうでありますね。
遅ればせではありますがあの311を経験した県の一人といたしまして、微力なチャリティ募金程度しか出来ませんが早期の生活再建をお祈りいたしております。

どうも、実は4月頃にそれまで使っていた愛用のメガネを壊しまして新調していたキンドーでございます。
P7220021.jpg
何処の展示会にも参加できない腹いせに、先日某マクドにてしゅんぱち氏MASA氏ゼンガー氏+キンドーという、家庭・健康・クッション持ちこみとイロイロお年頃なオッサン4人組で秘密の会合が催され、しゅんぱち氏の×作やMASA氏のアルバトロスコア(バキーッ!!)を前にして「仕上げがー」とか「細部がー」とか「形状がー」と盛り上がってた訳ですが、キンドーのメガネがスッパリスッキリ変わっていた事には最後まで誰も気付かなかったという事はここに記して置きたい(゚∀゚)。
「へっ、こんな細部の違いも見落とすとは、プロや大賞の目ン玉も大したことねーぜ」とか一人悦に入ってのでありますが、単にキンドーへの興味が無いって話だけなのかも知れん・・・(゚д゚)。
というかマクドで模型見せびらかすむくつけきオッサン達ってどうなのよ、まぁキンドーも件のタコ(作りかけ)持ってったけどさー(持ってったのか)。


ということで模型です。
判りきった事でありますが、やっぱりスッキリやっておりませんΣ(゚Θ゚)。
とはいえそうして放っとくとまた次回更新が年末の挨拶になりそうというか、下手したらゴジラから地球を取り戻すまで更新しないんじゃなイカ?という事態も考えらない事もない事もなく、どうにかネタをひねり出さねばならない訳であります。
というか「だらだら文章がスマホじゃ読みにくいわ!!」ともっぱらの評判で、もう大して読んでくれる人も居ないんだからそこまで必死になる必要もないといわれればそうかも知れん。
当ブログはPC画面推奨であります。

今回は今月7日から展示されております(おい、今日は何日だ?)仙台市卸町にあります模型店「ビッグサンダー」さんのショーケースを使用した展示会のレビューをお届けいたします。
キンドーは模型を正規ルートでは買わない事で有名でありまして、基本こういう模型店さんのイベントに参加しようと思っても「キサマみたいな買わないブタはただのブタ以下だ!!」とか言われるのが怖くて(完全に被害妄想)参加しないのが常なんですが、前回店内で捕獲されて参加した縁で今回も懲りずに参加させていただきました。
それと、家から車で5分少々で行けるこのお店は現在のキンドーにとっては模型的生命線だったりする訳で、こうして媚を売るのも悪くはな(バキーッ!!)
とにかくコミュ症キンドーさんとしては結構がんばって店員さんにお願いして撮らせてもらった作品の数々をどうぞ~。
P7140001 600
ギガントですね~、流石のボリュームといいますかコレ筆塗りなんですね~。
P7140003 600
ガルパンはナニやってもすげぇ(バキーッ!!)。
P7140002 600
マスキングって甲板のラインの事なのだろうか・・・?。航空機の塗り分けもスゴイ!!。
P7140004 600
だからガルパンはナニやっても(言わせねぇよ!!)。
P7140005 600
昔「武装神姫」に「ムルメルティア」って娘がいてさ・・・(遠い目)。
P7140006 600
撮影者がポンコツだとせっかくの色も作品も台無しになるという事例(´д⊂)。
P7140009 600
キュベレイはテッカテカに磨きたくなるのがよく判る逸品でありますね。
P7140010 600
EX-Sはキンドーも一度作ってみたいんですよね。淡げなブルーがgood。
P7140011 600
白磁の様な発色というのが昔のレッドミラージュを彷彿とさせます。
P7140012 600
スジ彫り彫り直してるのかなぁ?。天帝の二文字が異様に似合ってる。
P7140013 600
GKならではのネタ、というか表面処理大変だったんじゃなイカ?と思わずにはいられない。
P7140019 600
ザクⅢはやっぱりカッコイイと思うわけですよ。でも買っただけじゃこうはならないんだろうな。
P7140020 600
この油焼け風なメタリックはそそられますね、どうやってるんだろ?。
P7140015 600
これで4作目とか書いてあったんですけどマジか・・・、キンドーの昔なんてなぁ(以下略)。
P7140014 600
キンドーはリメイク版見てないのでシチュエーションが判らないのですが、あのお高いキットにダメージという豪気。
P7140018 600
これは似てる、いえばHOT TOYS並みに似てる。さすがガッツさん。
P7140017 600
こういうフィギュア流行ってますよね、キンドーにもこれ位塗りのワザがあればなぁ・・・。
P7140016 600
んで最後にHGUC素組みと泥人形のディアス2種。


ということでビッグサンダー展示会レポでした。
8月上旬まで随時受付という事でしたので、もう少し作品は増えているかも知れません。
何時ものノリで全画像に一言コメントを載せさせていただいておりますが、約1名以外お会いした事もないモデラーさんの作品に対して「なんて失礼な事を書きやがる!!」とか思われました方がいらっしゃいましたらコメント欄にお書き下されましたら対応いたします。
出来れば「あぁ、こういう人だったらしょうがないかぁ」と思っていただければありがたく、他の展示会レビューを2~3ページ読んでいただければ(それ以外でも可)このブログと管理者のアホさ加減もご理解いただけると思います(バキーッ!!)。

ビッグサンダー展示会は8月上旬まで、お近くに行かれた際は是非足を運んでみて下さいね。


イカ次回

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR