Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けいおん!とギアスと復活のルルーシュとアストラギウス 「ドッグ・ザ・ダーク編」

「ここをみぎ つぎひだり~♪もぅにっちもさっちもいかなくて~♪♪」。
2500020344354.jpg画像WEB転載 キンドー、西尾維新は苦手であります。

ということで帰り道に某BOOKOFF SUPER BAZAARに立ち寄りまして、ここは袋詰め完成キットが沢山置いてあるので機会があれば立ち寄るんですが、作る気も無いのに衝動で買いに走りやすい店でもあるので注意が必要です。
んで、今回もMG2.0ザクとかグフカスタムとかゲルググ1.0とかなかなかの出物(1,000~1,500円)がありましたが目もくれず、前回素体の使い勝手が良かったバーナビーを800円で入手、なかなか良い買い物でした。
そんでせっかくだからダンガイオーと並べて結果にコミット前・後してみようと思ったんですが・・・
P4040026.jpg
梅〇 富〇男の腹回り以上に似ても似つかねぇ!!(バキーッ!!
作ってる間はほとんどノリで作ってたから、まさかここまで原形留めてない仕様になっているとはやっちまった本人もびっくりですよ。
みちもでやRRMで「装甲作った程度で素体は大して変わってないですよ」とかふれ回ってしまいましたが、そのまま鵜呑みにされるとえらい事になるなぁ・・・(ノ_<)。
並べて判るこの違い、「うそ、大げさ(?)、まぎらわしい」を地で行ってしまうとは、
15b.jpg画像WEB転載
記憶の捏造って怖いですねー。

どうも、「ジョン・ウィック:チャプター2」と「エイリアン・コヴェナント」がなかなか準新落ちしないでやきもきしているキンドーでございます。
とりあえず「LIFE(ライフ)」は面白かったのですが「ザ・マミー」と「ジャック・リーチャー」はどうにかして欲しい所ですねぇ。
どうした!?トム・クルーズ!?。


ということで17年度最終すべり込みで製作したラピッドドッグ アービンカスタム改め「ドッグ・ザ・ダーク」であります。
なんで今さら?といいますと、名前がザ・ダークとかブラッディとかなんか厨二っぽくて使う気になれなかったんですけど、書くのにいちいち××カスタムとかめんどくさくて(理由!!)。
ダーク22 600
言わずと知れたむせずに楽しめるOVA「装甲騎兵ボトムズ ケース・アービン」に登場する主役機であります。
前作ブラッディドッグと違ってHJ誌別冊で作例が載っておりますので、本編見てない人でもご存知の方も多い(?)と思います。
基本的にブラッディと同一機体のマイナーチェンジなので、あまり深く考えなければサクサク作れるはず・・・だったのですが(゚д゚)。
ダーク25 600
ブラッディは頭と色が似てるというだけで1/72ベイブルとレイズナーの2個1でしたが、今回はレイズナー一択であります。
同一シリーズだから大して違わないだろうと思ってたんですけど似たようなパーツでも意外に形状が異なっていて、「アレ?おんなじく作ったのになんでサイズが変わるの?」ということが結構ありました。
後発のベイブルの方がいろいろマイナーチェンジされて出来が良くなってたみたいですね。
みちもでで「中身なんでも結局一緒なんじゃネ?」とか言われましたが、失礼な!!(`o´)。
ダーク24 600
下半身と腕まわりはブラッディとほぼ変わらないものの上半身は似て非なるものでありまして、前回面取りの考察をブラッディベースで考えたもんだから今回のザ・ダークでかなり支障が出てしまいました。
特にコクピットの容積と頭部のサイズにその弊害が顕著で、しかたないのでコクピット容積は「F1のコクピット並みに狭い」、頭部が若干大きめなのは「35MAX版のリスペクト」ということにしてますが、全て後付けであります(バキーッ!!)。
ダーク27 600 ダーク29 600
ダーク28 600 ダーク26 600
一番の読み違えは、胸部装甲がブラッディ=3重なのに対してザ・ダークは2重、しかも前面ラインはほぼ同一というなかなかシビアなライン取りをブラッディベースで作ってしまったことです。
まぁ先に作ってまさかダークまで作ることになるとは当時は予想してませんでしたのでしょうがないっちゃぁしょうがないんですが、その結果背面のボリュームをあれやこれやと騙くらかしてはみましたが、同一機体の連作ってすり合わせるの大変でありますよぅ。
ダーク30 600
元祖スコープドッグとは微妙に違ってる頭部、特に「首」がちゃんとあるドッグ系ってのはある意味新鮮ですね。
ダーク31 600
頭部は製作でも書いたとおりサイズの合う物が無いのでスクラッチしましたが、どこのメーカーやスケールでもほとんどはずれが無いATキットを前にして、超うるさがたのボトムズモデラーさん方に受け入れられるかが不安であります。
ザクの頭みたいに単純に見えるものほどこだわりって強いんですよねぇ。
ダーク38 600
今回もおまけでアービンフィギュアを作成いたしました。
前作のペイガンとスケールを合わせてますのでATとはスケール合ってません、念のため。
ダーク39 600 ダーク41 600
いやぁ、やっぱりフィギュアヘタになったなぁ、パッと見でも上腕長ーい、顔ヘタっぴー、肌の色がウォーキング・デッド(バキーッ!!)、そろそろこっちに戻らないとエロフィギュアモデラーの看板降ろさなきゃいけなくなるなぁ。
ダーク42 600
最後に待望(?)の2ショット、単体での製作も良いけど、やっぱりこうやって並べられるのが良いですね(^o^)。

ということで「ラピッドドッグ アービンカスタム ドッグ・ザ・ダーク」でした。
ボトムズキットとはいまだ縁遠いキンドーですが、なんかこの勢いでスコタコもイシュルーナ仕様とかで作ってみたくなっちゃいますね。
とりあえず、これでRRMのJ.J.さんに「AT道」初段くらいいただけない物かと・・・(゚∀゚)。

余談
いつかツッこまれると思いつつ全然ツッこまれないのが不思議だなぁと思ってるんですが、このザ・ダークも前作ブラッディも手が旧キットのまま、いわゆる「穴あき手」のまんまなのであります。
旧キット改造でも「最低限の加工」とか言われてる手の補修、逆になぜここまで本体いぢっといて手だけが古いキットのままというアンバランスな事をやっているのか?。
実はキンドーはプラキットを作る場合、必ず1ヵ所キットのパーツをそのまま使用するというマイルールを設定しておりまして、4年前のガラパゴス以降続けているのですよ、・・・それは絶対!絶対だ!!(`へ´)。
ガラパゴスは足側面の爪(?)、エルガイムはランダムスレート、MK2は尾翼まわり(チョッと苦しい)、ダンバインはオーラショット(かなり苦しい)、ビルバインは手、スペックDはとさかと腰中央、ダンガイオーは上腕・・・等々、とにかく外側の見える部分に必ず一切手を入れない箇所を設けているんですね。
これは使用したキットに対するリスペクトと「これはスクラッチじゃない!!キット改造なんだ!!」というアピールなのであります。
まぁ、「そうだね~、改造だね~(´v`)」と生暖かく理解してくれる人がいるとも思えませんけどね( ノД`)。
ハンドパーツなんかカネだしゃサポートパーツで出来の良い物が買える時代、意地だよ、意地。


イカ次回

「帰ってきたGMコンペ」に帰ってこられなかった「GMⅡ」

先日なにげに立ち読んだ某「宇宙船」という雑誌に、80年~90年に模型各誌で活躍されたモデラーの「千草 巽」さんという方の訃報が、氏の代表作ともいえる「マイティジャック」関連の作品と共に載っていました。
亡くなられたのは2月の事らしく、その月のうちに模型各誌はなにかしらコメント寄せていたのでしょうが、ネットで一応真偽を確認してみたら以外に触れてる記事が無い事にちょっと驚きました。
キンドー世代からチョッと下のガンプラ世代にとっては、ストリームベースに並ぶ天上人の一人だったんだけどなぁ。
キンドーが千草さんの作品を知ったのはMG誌で発表された小田雅弘さんとの合作「1/72ガンダムMK2」だったんですけど、以降Z・ZZの別冊で同スケールのガンダムチームを製作されているのを見て、「こんなん素人に出来るかっ!!」と一人ツッコミを入れていたのを思い出します。

とか、いるよねーこういうヤツ。
特に知人だったとか一度でもお会いしたとかいうことも全然無くて、せいぜい昔(ファン的に)好きでしたとか思ってすっかり忘れてたのに、偶然訃報とか病気とかの記事目にしたらいきなり「実は心の師匠でしたー」的なこと言い出すんですよ。
この薄っぺらいヤツめ!!。
0003.png画像WEB転載
しかもこの前説のネタ扱い、最悪ですね(`o´)、でもホントに氏の作品好きでした。

どうも、先日ついに「ガルパン最終章 第1話」を見せてもらったキンドーでございます。
だがしかし(原作も終わりますねぇ)、なぜか前よりときめかないというかなんか「アレッ?」って感じが・・・?、あまりに違和感なんで後で劇場版見たら「やっぱコレだよねー」と。
あれだけキレイに終わった「ガルパン」に、本スジまんまの続編は必要なかったんじゃなイカ?とかチョッと思いましたねぇ。
いや、作ってくれるのはありがたいんですけどね?、劇場版EDスピンオフで「継続女3人組漂流記」とか「知波単急行殺人事件」とか見たかったなぁ(-A-)。


ということで昨年度最終作の一つ「なんちゃってGMⅡ」であります。
ジム09 600
製作途中でも書きましたが、MGフリーダムガンダム1.0を使ってGMⅡというかGMっぽいモノを作ろうって思った訳ですが、意外と普通にGMになっちゃいました。
SEEDとUC、いくら作品は違えどもやっぱり初代ガンダムの遺伝子は強力なものがありますね。
ジム11 600
完全新規パーツは腰サイドアーマーとバルカンポッド位で、シルエットは基本フリーダムを踏襲しております。
って、全く考えなしで始めた手抜きをえらそうにいう話じゃないですよね。
一応Q版ガンダムMK2を踏襲したディテールを入れて関連持たせたりしてますが所詮思いつきの付け焼刃、2週間ちょっとしか時間を掛ける余裕が無かったもんで仕上げだとかなんだとか、細かい詰めの甘さは目をつぶって頂きたく。
ジム12 600
背面はほぼフリーダムまんま、もちょっとどうにか出来たとは思うんですが。
バックパックはフリーダムのものにパテ盛りして削りだし、ライフルは付属のライフルの中身をぶった切っただけでスプレーガンっぽく寄せる努力はしませんでした。
ジム14 600 ジム16 600
ジム15 600 ジム13 600

ジム17 600
胸部はパーツにパテ盛りで整形、頭も極力元パーツを使用してアンテナすら基部を穴埋めに使うほどの念の入れ様であります。
パテに埋もれてますが、一応顔面パーツも使ってるんですよ。
ジム20 600
キンドーにはめずらしく可動はそのまま生かしていますが、そもそもアクションポーズとかのセンスがかけらも無いので、動かせた所でなんの意味も無いのが悲しいところ・・・( ノД`)。
ジム19 600 ジム23 600
ジム26 600 ジム27 600
ということでGMⅡでしたが、毎度の如くイロイロやらかしておりまして、実は当初シールドにエロいデカールを貼ろうとしてわざわざシールド表面のディテール潰したりしたんですけど、ケチって前回プリンタ目詰まらせた古いデカールを使用してまたしても目詰まりをおこしてしまったという・・・、機体NO.の「69」はその辺のなごりですね。
それに加えて製作中全然設定とか見てなかったせいでビームサーベルの取り付け位置が左右逆!!(゚д゚)、なんで誰も指摘してくんなかったんだ・・・、なんか変だとは思ってたんですがノリで2本付けなかっただけマシだったと思っとこう。
他にもせっかく斧持たせてるんだからラストアマゾネス部隊仕様とかくだらない事考えましたが、まぁこの辺で落ち着いたのは正解だったかも知れませんね。
イエス!アマゾネス!!(バキーッ!!)。


なんて書いてる途中で今度はジブリの高畑監督の訃報のニュースを目にしまして。
こちらは特に感慨は無いものの、高畑監督は生前あのCM「教えて!トライさん」シリーズを見て何か思うところはあったんだろうか?とか思っちゃいました。
torai.jpg画像WEB転載
アルムおんじにラップはさすがにどうかと。


イカ次回

みちのくモデラーズフェスタ 2018レポ その4

なんか今度バンダイさんからフルスタイルで塗装いらずのふみなパイセンのフィギュアというかプラモが発売されるそうですね。
しかしながら、チラと目にしただけなのでスケールどの程度かまでは判んないのですが、予定価格がまぁいいお値段だこと~。
それでも「PVCとかの完成品に比べれば安いモンですよ!!」とか書いてありましたが、2~3年してブームの去ったキャラクターの完成品フィギュアが中古屋さんできびしい末路をたどっているこのご時勢、最近はプライズなんかも出来もいいし下手すりゃ中古箱無しが100~1000円で買えちゃったりするんだけどなぁ・・・。
まぁバストアップモデルはモデラーでない方達の新規需要もあったらしいので、旨いこといって何時かキンドーのお気に入りキャラが発売される日が来る事を祈りましょうかネ(-∀-)。

どうも、4回も連続投稿すると何も書く事がなくなるキンドーでございます。
なんか模型意外はつまんない生活送ってんなぁ。

ということでみちもで2018レポ4回目であります。
後は年度末も兼ねて(キンドー的にはみちもでが1年の模型活動の基準になってるのです)の個人的総括を書くかもですが、一応2018年度模型的活動に関しては最後になる予定です。
ではでは、もう誰か早めにどうにかして欲しいお二人の登場であります。

まずお一人目、会場アンケート第1位のエイジ氏「うたげ」
46 600
作品名が若干「ゆがんでんなぁ・・・」とか思うところはありますが(バキーッ!!)、昨年の合同企画のGMカスタムとかスパロボのガンバスターとか、最近若干大人しめだなぁとか思わせといて・・・、
いきなりの「コレ」ですよ!!
47 600
仕上げとか細かい小ワザは安定のエイジ節でありますが、それに加えて今回は雪上表現とか・・・、クリオネとか・・・
46_20180331225914eec.jpg!!??・・・ちがう?。
そして電飾!!、ただ光らせるんじゃなくてダメージとかビーム光の表現に使うとは・・・!!、以前某「ストリームベース」のインタビューで高橋昌也氏が、「当時はビームサーベルなんて所詮色塗ったプラ棒」と言っていたのを思い出さずにはいられませんですよ。
時代は変わっていくんですねぇ。
電飾は全て自分で配線したとの事ですが、中学の技術家庭の最終成績「1」(ちなみに美術も「1」)のキンドーは電池の直列並列とか考えただけで「うぉえっ( ;゚Д゚)」とえづいてしまう訳で、会場でちょっと教えてもらっただけで気分が悪くなりましたよぅ。
どこまで進化するつもりなんだ!!、まさか・・・
mqdefault.jpg画像web転載
Zワザか!?。
hIhnVlMU.jpeg画像web転載
ソーナンスッ!!(エイジ氏談)。

違うわっ!!(バキーッ!!)。


そしてそして・・・ついに来ましたよ!!。
61E6FhTjr7Ls_20180330170207587.jpg画像web転載
フロッグマン!!。
しつこいですかそうですか(バキーッ!!)、でもコレくらいさせてくださいよぅ・・・だってやっぱりくやしいんだモン!!(`o´)。
48 600
我が盟友(シラっとバージョン上げてます)MASA氏による「フロッグマン」、言わずと知れた「第20回オラザク」大賞作品であります。
キンドーもようやくその全貌を拝見する事が出来ました(そんなんで盟友とかいってんじゃないよ)。
51 600
初めてその完成画像と胴体部分を見せられたときの衝撃とその後の悔しがり様は http://moezoukei.blog129.fc2.com/blog-entry-211.html に詳しく載っておりますので参考にしていただくとして、こうして改めて見せてもらっても今回の大賞受賞は間違いないものだったと実感いたしますねぇ。
49 600
とにかくこの人はナニがすごいって、色だ細部だなんてのはすでに判りきってるので割愛。なんていうか「オリジナル」なんですよ。明らかに違うのにそれにしか見えない上に、「どっかで見た事・・・」とか「あー、コレはあの・・・」とかツっこむヶ所も見当たらない訳ですよ。キンドーみたいに基本他人のふんどしの様な者には羨ましくてしょうがない訳ですよ。
50 600
実は今回もそんなMASAさんへの嫌がらせ企画としてネタを仕込む予定だったんですが、本人の体調が万全でないとの事でやめました。いくら血もリンパ液も通ってないキンドーでもそれくらいの配慮をする心は残ってるんですねぇ。
P3310052 600
その残骸、2月にこのこと本人に伝えたら死ぬほどイヤがってました(゚∀゚)。

ホントに作る気だったの!!??(MASA氏談)。

RRMには間に合わせようと思っています(うそ)。
28152770_755374584660730_3561022827530289152_n.jpg画像web転載

ということでお二方、太鼓持ちコメント・ホメ殺し風味はこの辺でよろしいでしょうか?(バキーッ!!)。
え?どう見ても褒めてるように思えない?、やだなぁそれはキンドーの照れ隠しですよぅ(゚∀゚)。

ということで4回にわたって紹介いたしました「みちもで2018」レポでした。
こんだけやってもわずかに全体の1/3程度しか紹介できませんでしたが、その怪しげ(!?)な雰囲気だけでも伝わればと切に思います。
伝わればの話ですが・・・(。-_-。)。

というか「このサークルはブログの筆者みたいのしか居ないのか!?」とか、思われても困るんですけどねっ!!(゚∀゚)。


最後におまけ
52 600
MASA氏エイジ氏による過去作揃いぶみ、と、場違い品が奥に一匹。どことなくカラーテイストが似通ってるのが面白いですね。


イカ次回

みちのくモデラーズフェスタ 2018レポ その3

今日帰りにTSUTAYAに立ち寄ったら「ゴブリンスレイヤー」の新刊(ラノベ)が出ておりまして、前々巻あたりから惰性になっては来ているもののコレも何かの縁(と言うほどではない)と買って帰ろうと思ったんですが。
レジに向かう途中はたと気付けば、家に帰ればGM&タコ制作進行で中断していた「十二国記」と、遅まきながらみちもで終了までガマンしてた「ビブリア古書堂の事件手帳」が手付かずであるじゃありませんか。
しかしながら、こういう時ほどなぜか購買意欲に晒されるのはよくある話ではありますよね。
模型に例えれば、こんなふうにしてモデラー諸氏も罪を(積みを)重ねていくのであろうか・・・?、まぁ結局キンドーはケチケチなので買いませんでした。

どうも、「ビブリア古書堂」といえば実写が剛力彩芽さんな訳ですが、剛力さんといえば「プロメテウス」吹き替えという漆黒よりも黒い黒歴史を思い起こさずにはいられないキンドーでございます。
「エイリアン・コヴェナント」がそろそろ準新落ちしそうなんで、出来れば「プロメテウス」も同時に借りて観かえしたいと思ってるんですがあの吹き替えを思い出すと・・・(つД`)ノ。
まぁ字幕で観ろといわれちゃそれまでなんですが、就寝前2時間に字幕視聴はキツいものがあるのですよぅ。
年だ・・・( ノД`)。

ということでみちもで3回目であります。
みちもででは、ここ数年キャラクター勢力に押され気味のスケール物でありましたが、HJプロモデラーのしゅんぱちさんの参加(今回は不参加)や一部モデラー諸氏の努力で昨年あたりから復権の兆しであります。
33 600
祐天丸氏のヴィネット、上半身裸のむくつけき漢共の臨場感(ひどい)!!。
81b057715424922df343a94f39b482f4 600
※撮ろうと思ったら撤収されとった・・・( ノД`)。ということで画像拝借。
もいっちょ祐天丸さんの88mm。いいですよねー88、昔作ったなぁ・・・。
34 600
ランバ・ルル氏のタイガーⅠ(※キンドーの世代は意地でもティーガーとは呼ばないのだ)。世間的にデザートカラーがデフォルト(※要するに黒森峰)のご時勢に、あえて緑という豪気。
67d5dabbd5871d1d7c444096c32b934e 600
※こちらも撤収済みの為以下略
こちらもランバ氏のバレンタイン、フィルタリングとか教えてもらいました・・・でも忘れました(バキーッ!!)。基本キンドーは鳥頭ですので( ノД`)
35 600
またしても祐天丸氏のラットパトロール、積載物とか飛び出しかけの助手席側とか芸が細かいし、ふんわりとした空気感のタッチが秀逸だと思います。
36 600
インパルス氏のKV-2。緑の退色というかかすれ感とブラウンの汚しはキンドー的に思うところありです。
37 600
ハラーシャ氏の「根性でおせぇ!?」。確かにありがちのネタではありますが、4号にミポリン乗ってんすよ!1/72なのに!?。
38 600
同じくハラーシャ氏の1/72ガルパン。中央下段は最終章登場だそうです。あぺとぺさんにも見て欲しかったなぁ。
39 600
ここからカーモデルですが、これはトマソン氏のベネトンB190b。画像では伝わりにくいボディコーティング、デカールの段差が無いとかどうとかの次元ではないですね。
41 600
インディ500佐藤琢磨優勝モデルだそうですが、もう小スケールはトマソンさんの独断場でありますねー。最近のF1より、コッチの方がカッコいい!。
40 600
トマソン氏3連荘。ポルシェ356だそうですが、ある意味F1とかの最先端マシンよりもこういうモデルの方がカーモデラーの凄みを感じてしまうのはキンドーだけではないはず。これも小スケールなのに実車ピンナップにしか見えないの。
45 600
RRMメンバーですがホントはカーモデラーのハルウミ氏。こんなビートル車検のある日本じゃまずお目にかかれないはずなのに、超リアルに見えてしまうのは・・・?やはり実力か・・・、内装の使用感の再現も凄いんですが、全てをボロっちくしてないところが逆に目を引いてしまうのですね。緩急のつけ方とでもいいましょうか。
42 600
こちらもハルウミ氏。最初ディアブロだと思わなかったんですが、同一車種でも外観が仕様でがらっと変わっちゃうのが最近のランボの良いトコなんだか悪いトコなんだか。
43 600
示し合わせたようなランボシリーズで岡ちゃん氏のツヤツヤなアヴェンタドール。ランボはやっぱりイエローが似合いますねぇ。
44 600
コンセプトカーのヴェノーネ。もうランボもココまで来ると中からジャンパーソンかジバン(古るっ!!)でも降りて出てきそうですね。キンドーリクエストで岡ちゃん氏が作ってくれました。感謝!!。

この他に石巻愛好会から航空機モデラーのⅠ氏がデカ物2機とフィギュアで初参加してくれたりしたのですが、午前中だけの参加で写真が撮れなかったという体たらく。
せっかく会場が近くになった事で来てくれたのに、元会員のキンドーが紹介しないでどうすんのよ!!
でもⅠさん、ホント参加してくれてアリガトねっ(^-^)/。
あと石模つながりでK野さん、見学だけでも感謝ですが次回は是非作品もお願い、お願い(^∇^)。
という感じで、次回はついに「あの」みちもでツートップとおまけ・・・があるかも?


イカ次回

みちのくモデラーズフェスタ 2018レポ その2

昨日のレポで書きました全身の筋肉痛というか鈍痛なんですが、ふと思ったら以前処方されてたヤバげな鎮痛剤が効くんじゃなイカ?と思って飲んでみたところこれが結構効き目がありまして、この3日間「耐える自分・・・チョっとカッコいいかも?」とか某セバス・チャンっぽくカッコつけて苦しんだのは全部無駄だったのか・・・とか今度は心に鈍痛が( ノД`)。
まぁ鎮痛剤ってのは常用で飲み続けると耐性が出来ちゃって、イザというときに効かなくなってたりするカモ?なので極力飲まないようにしてたんですが、そのイザというときに存在忘れてちゃしょうがないですよねぇ。
でもおかげでこうしてブログ更新出来てる訳でありますからありがたい事ではあります。

どうも、鎮痛剤飲んでもオレの左手は一向に静まらないキンドーでございます(ようするに2度目の腱鞘炎)。
昔梅図かずおさん作の「神の左手悪魔の右手」っていうマンガがありましたが、これからすればキンドーの神は瀕死であると言えなくもなく。
512802dc-d9f7-4a23-bb6e-855a1e6eadb3 (1)画像WEB転載


ということでみちもで潜入第二回、今回はガンダム外のキャラクター&SF部門であります。
最近は食玩とか旧キットの再販とか、マジンガーのリブートとかガンダム以外の作品もフィーチャーされて来ているせいか以前よりも充実してきている様な気がしますね(単に個人的にハマっているせいとも言うが)。
19 600
郡山RRM(展示会は9月23日開催)の鉄砲玉maichi氏の真ゲッター。ポーズの取り方がもうmaichi節(゚∀゚)。
21 600
TV版プロマキス、是非以前キンドーが断念したスレイプニールも作って欲しいであります。
22 600
昨年のRRMレポで紹介出来なかったずんだクンの・・・、あれ?これなんてキャラクター?(バキーッ!!)。左右のフェイス状のシールド?はエポ造形、進化してるなぁ~、流石!!。
20 600
昨年の石模でも展示されていました「あの」イデオンですね。出品されてりゃ脳幹反射で撮ってしまうんですよ、好きだから。
23 600
24 600
上2作がキンドーが今回ラピッドドック再びなんて暴挙に出た諸悪の根源(バキーッ!!)、モリモリさんのスタンディングタートル&トータス?どっちがどっちか判んなーい。汚しは初めてって事実にビックリ!!。
26 600
岡ちゃんさん作のラビトリードッグ。バンタコ使用で1/24のタコにサイズ合わせるとか、考えてるなぁ。あまりに普通に置いてあったんでスルーするとこでした。
25 600
これもモリモリさんのいやらしさ全開ベルゼルガ、使用は違えども某メーカーさんににケンカ売ってますねぇ。いいぞもっとやれ(゚∀゚)。
28 600
MASA嫁氏作・・・、この夫婦はいったい何処に向かおうとしているのか・・・、しているのか!?。
27 600
これも出てれば撮っちゃうんだよねー、のエイジさん作VF-25アーマード。1/48でYF-19バトロイド作ってくんないかなー。
30 600

29 600
上2作ガッツさんのマシーネン系。マシーネンは何処に向かおうとしているのか・・・。とりあえずキンドーのツボだけは確実に抑えてますよね。
31 600
パステルカラーとパールのコントラストがたまらないTOKKO氏のマクロスフロンティア。ちなみにキャストオフは出来なさそう(当たり前だ)。
32 600
アルフィンだけ発売してダーティーペアを出さない某メーカーには納得いきません!!(`o´)。と、TOKKO氏の心の声をキンドーが代弁しておきたいと思います。


ということで次回は撮りもらし多数(バキーッ!!だった「スケール物」であります。

イカ次回

Appendix

プロフィール

キンドー

Author:キンドー
プラモデラーのはずがなぜかエポキシパテしか削らない自称造型氏でございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。